皿の中に、イタリア

文芸
サラノナカニイタリア
皿の中に、イタリア
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

『ジーノの家』で「日本エッセイスト・クラブ賞」、「講談社エッセイ賞」を同時受賞した、イタリア在住歴30年以上の著者が描く、食と人を巡るエッセイ集。青空市場で魚を売る無口なカラブリア出身の三兄弟。毎年、夏に農家で作るトマトピューレ。自慢のオリーブを黙って差し出す、無骨なリグリアの父娘。スープに凝縮される家族の歴史。食べることは、生きること。食と共に鮮やかに浮かび上がる、イタリアに住まう人々の営み20編。

目次

  • 1.金曜日は、魚
  • 2.ロブスターに釣られて
  • 3.魚へんに弱いと書いて
  • 4.引き立ててこそ、名酒
  • 5.乾涸らびても、ソラマメ
  • 6.魚が駄目なら
  • 7.されど、水
  • 8.母の味
  • 9.残り物には福がある
  • 10.八月の約束
  • 11.船乗りの知恵
  • 12.喉を通るのは、煮汁だけ
  • 13.島が鳴る
  • 14.贈って贈られて
  • 15.食べても、食べても
  • 16.けもの道とオリーブの木
  • 17.上司が辞職した理由
  • 18.計り知れない味
  • 19.食は、パンのみにあらず
  • 20.食べて知るイタリア

製品情報

製品名 皿の中に、イタリア
著者名 著:内田洋子
発売日 2014年02月13日
価格 定価 : 本体1,600円(税別)
ISBN 978-4-06-218811-1
判型 四六
ページ数 320ページ
初出 『小説現代』2011年12月号~2013年7月号(「永遠の食卓」から改題)

著者紹介

著:内田洋子(ウチダヨウコ)

1959年神戸市生まれ、イタリア在住。東京外国語大学イタリア語学科卒業。UNO Associates Inc.代表。2011年『ジーノの家 イタリア10景』で「日本エッセイスト・クラブ賞」、「講談社エッセイ賞」を同時受賞。著書に『ミラノの太陽、シチリアの月』『イタリアの引き出し』『カテリーナの旅支度 イタリア二十の追想』、翻訳書にジャンニ・ロダーリ『パパの電話を街ながら』ほか多数。

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス
  • ローチケHMV