日中「再」逆転

ノンフィクション・学芸(単行本)
ニッチュウサイギャクテン
  • 電子あり
日中「再」逆転
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

 テロの続発、シャドー・バンキングの破綻、そして賄賂をなくすとGDPの3割が消失するというほどの汚職拡大……中国バブルの崩壊は、2014年に必ず起こる!
 日本人として、中国の指導者・経営者たちと最も太いパイプを持つ著者の、25年にわたる取材の集大成!!

目次

  • 第1章 ダボス会議
  •       ――日中逆転の確信
  • 第2章 中国にとって凶
  •       ――習近平の軽量政権
  • 第3章 中国バブル関税法界
  •       ――シャドー・バンキングの罠
  • 第4章  極左・習近平vs.極右・李克強
  •       ――江沢民一派を追い落とせ
  • 第5章  世界が絶賛する日本経済
  •       ――アベノミクスvs.リカノミクス
  • 第6章  中国が日本に勝てない4つの理由
  •       ――2020年にGDP再逆転

製品情報

製品名 日中「再」逆転
著者名 著:近藤 大介
発売日 2013年12月24日
価格 定価 : 本体1,600円(税別)
ISBN 978-4-06-218805-0
判型 四六
ページ数 384ページ
電子版製品名 日中「再」逆転

著者紹介

著:近藤 大介(コンドウ ダイスケ)

近藤大介(こんどう・だいすけ)

1965年、埼玉県に生まれる。東京大学卒業後、「フライデー」「月刊現代」「週刊現代」などで記者・編集者を務める。2009年から2012年まで中国に駐在。明治大学講師(東アジア論)。中国を中心とした東アジア問題の研究をライフワークとする。
著書には、『対中戦略』(講談社)、『深紅の華』(廣済堂出版)などがある。

オンライン書店で見る