屋根屋

文芸
ヤネヤ
  • 電子あり
屋根屋
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

雨漏りのする屋根の修繕にやってきた工務店の男は永瀬といった。木訥な大男で、仕事ぶりは堅実。彼は妻の死から神経を病み、その治療として夢日記を付けている。永瀬屋根屋によれば、トレーニングによって、誰でも自在に夢を見ることができるという。「奥さんが上手に夢を見ることが出来るごとなったら、私がそのうち素晴らしか所に案内ばしましょう」。以来、二人は夢の中で、法隆寺やフランスの大聖堂へと出かけるのだった。

製品情報

製品名 屋根屋
著者名 著:村田 喜代子
発売日 2014年04月23日
価格 定価 : 本体1,600円(税別)
ISBN 978-4-06-218774-9
判型 四六
ページ数 312ページ
電子版製品名 屋根屋
初出 『群像』2012年8月号~11月号、2013年1月号~3月号、5月号、6月号、8月号~11月号

著者紹介

著:村田 喜代子(ムラタ キヨコ)

1945年、福岡県北九州市生まれ。87年、「鍋の中」で第95回芥川賞を受賞。90年、『白い山』で女流文学賞、92年、『真夜中の自転車』で平林たい子文学賞、97年、『蟹女』で紫式部文学賞、98年、「望潮」で川端康成文学賞、99年、『龍秘御天歌』で芸術選奨文部大臣賞、2010年、『故郷のわが家』で野間文芸賞を受賞。

オンライン書店で見る