<世界史>の哲学 東洋篇

文芸
セカイシノテツガクトウヨウヘン
  • 電子あり
<世界史>の哲学 東洋篇
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

12世紀頃に、知性をもつ宇宙人が地球にやってきて、その後の人類の運命について予想したならば、中国こそが近代化を主導すると断定したであろう。なぜなら、当時、経済・政治・軍事、あらゆる点においてもっとも発展した地域であったから。にもかかわらず、数百年後の世界を見れば、主導権を握ったのは、中国ではなく、ヨーロッパとアメリカを中心とした西洋となってしまった。どうしてなのか。その原因を中国社会の特異性、インドのカースト社会、仏教と一神教との相違など、精緻な思想で読み解く。イエスの誕生を根底に置いた西洋文明の成長を描いた「古代篇」「中世篇」に続く第三弾。

目次

  • まえがき
  • 第1章 世界史における圧倒的な不均衡
  • 第2章 新大陸の非西洋/ユーラシア大陸の非西洋
  • 第3章 受け取る皇帝/受け取らない神
  • 第4章 「東」という歴史的単位
  • 第5章 解脱としての自由
  • 第6章 二つの遍歴集団
  • 第7章 カーストの内部と外部
  • 第8章 救済のための大きな乗り物
  • 第9章 「空」の無関心
  • 第10章 曼荼羅と磔刑図
  • 第11章 インドと中国
  • 第12章 カーストの基底としての贈与
  • 第13章 闘争としての贈与
  • 第14章 自分自身を贈る
  • 第15章 双子という危険
  • 第16章 贈与の謎を解く
  • 第17章 供犠の時代の調停的審級
  • 第18章 国家に向かう社会/国家に抗する社会
  • 第19章 三国志の悪夢
  • 第20章 驚異的な文民統制
  • 第21章 国家は盗賊か?
  • 第22章 華夷秩序
  • 第23章 人は死して名を留む
  • 第24章 皇帝権力の存立機制
  • 第25章 「母の時代」から「父の時代」へ、そしてさらなる飛躍
  • 第26章 文字の帝国
  • 第27章 漢字の呪力
  • 第28章 「天子」から「神の子」へ

製品情報

製品名 <世界史>の哲学 東洋篇
著者名 著:大澤真幸
発売日 2014年01月29日
価格 定価 : 本体3,200円(税別)
ISBN 978-4-06-218756-5
判型 四六変型
ページ数 720ページ
電子版製品名 〈世界史〉の哲学 東洋篇
初出 『群像』2011年5月号~9月号、2011年11月号~2013年9月号

著者紹介

著:大澤真幸(オオサワマサチ)

1958年生まれ。東京大学大学院社会学研究科博士課程修了。社会学博士。千葉大学助教授、京都大学教授を歴任。思想月刊誌『THINKING「0」』を主宰。
著書に『ナショナリズムの由来』(講談社、毎日出版文化賞)、『不可能性の時代』(岩波新書)、『量子の社会哲学』(講談社)、『ふしぎなキリスト教』(共著、講談社現代新書)など多数。

オンライン書店で見る