2020年新聞は生き残れるか

ノンフィクション・学芸(単行本)
ニセンニジュウネンシンブンハイキノコレルカ
  • 電子あり
2020年新聞は生き残れるか
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

東京五輪決定の大ニュース翌日は新聞休刊日。
しかし、私たちに不都合があっただろうか?
新聞は本当に必要なのか?

東京新聞論説副主幹がリアルに告発する、
マスメディアのポチ化、言論の堕落。

◇目次◇
序章 こんな新聞ならもういらない?
第一章 ジャーナリズムのデフレ敗戦
第二章 日銀と財務省に洗脳される記者たち
第三章 なぜメディアは政策をまともに論じられないのか
第四章 ジャーナリストの仕事、私の流儀
第五章 新聞を出し抜くネット・ジャーナリズム
第六章 メディアと政府の関係を変える「オープン・ガバメント」
第七章 ジャーナリズムが生き残るためにすべきこと
特別収録 大鹿靖明インタビュー
終章 職業ジャーナリストは何で食っていくのか

もはや情報はインサイダーだけのものではない。情報公開が進むオープン・ガバメント時代はデータ・ジャーナリズムというジャンルを生み、公開データの読解からニュースが生まれている。復興予算流用問題を最初に報じたのは、フリージャーナリストが書いた「週刊ポスト」の記事だった。新聞記者の常識に反し、彼女は一人も取材相手に会わず、電話取材とインターネットだけで大スクープを放った。財務省や日銀の権威に弱く、政府の発表を検証できず、政府に不都合な真実を書かない新聞記者に、存在意義はあるのか?

目次

  • 序章 こんな新聞ならもういらない?
  • 第一章 ジャーナリズムのデフレ敗戦
  • 第二章 日銀と財務省に洗脳される記者たち
  • 第三章 なぜメディアは政策をまともに論じられないのか
  • 第四章 ジャーナリストの仕事、私の流儀
  • 第五章 新聞を出し抜くネット・ジャーナリズム
  • 第六章 メディアと政府の関係を変える「オープン・ガバメント」
  • 第七章 ジャーナリズムが生き残るためにすべきこと
  • 特別収録 大鹿靖明インタビュー
  • 終章 職業ジャーナリストは何で食っていくのか

製品情報

製品名 2020年新聞は生き残れるか
著者名 著:長谷川幸洋
発売日 2013年11月27日
価格 定価 : 本体1,400円(税別)
ISBN 978-4-06-218694-0
判型 四六
ページ数 232ページ
電子版製品名 2020年新聞は生き残れるか

著者紹介

著:長谷川幸洋(ハセガワユキヒロ)

1953年千葉県生まれ。慶應義塾大学経済学部卒。1977年に中日新聞社入社。東京本社(東京新聞)経済部勤務、ジョンズホプキンス大学高等国際問題研究大学院(SAIS)、ブリュッセル支局長などを経て、現在は東京新聞・中日新聞論説副主幹。2005年から2008年まで財政制度等審議会臨時委員、2006年から2009年まで政府税制調査会委員、2013年より規制改革会議委員。著書に『官僚との死闘七〇〇日』『日本国の正体』(山本七平賞)『官邸敗北』『経済危機の読み方』『政府はこうして国民を騙す』(以上、講談社)などがある。テレビ朝日系列「朝まで生テレビ!」「ビートたけしのTVタックル」、BS朝日「激論!クロスファイア」などのテレビ番組に出演。「週刊ポスト」などの雑誌、「現代ビジネス」などのウェブメディアに連載記事を執筆。

オンライン書店で見る