燃える家

文芸
モエルイエ
  • 電子あり
燃える家
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

俺たちは生まれつき、捨てられている――。本州西端、800年前に安徳天皇が没した海辺の街で暮らす高校生・滝本徹は、出生の秘密を抱えていた。ニューヨークをテロが襲った年のクリスマス、徹の親友・相沢良男は世界の無意味を唱え、クリスチャンの国語教師、山根忍へのレイプ計画を進める。一方、地元選出の政治家である徹の実父・倉田正司が権力の中枢へ向かうと共に、対抗勢力の陰謀がうごめき始める・・・。この世を動かす絶対的な力とは、暴力か、権力か、性の力か?人間の悪に対して神は何をなすのか?現代日本のテーマを根源から問う傑作長篇小説。

目次

  • 第一章 夏の終りのどさくさ
  • 第二章 崩れる家と燃える家
  • 第三章 力の世界
  • 第四章 神の目
  • 第五章 事件
  • 第六章 聖堂は、燃えろ
  • 第七章 暗い森
  • 第八章 東京の炎
  • 第九章 巨人との対峙
  • 第十章 破壊と光

製品情報

製品名 燃える家
著者名 著:田中慎弥
発売日 2013年10月24日
価格 定価 : 本体2,300円(税別)
ISBN 978-4-06-218601-8
判型 四六変型
ページ数 594ページ
電子版製品名 燃える家
初出 『群像』2010年11月号~2013年6月号

著者紹介

著:田中慎弥(タナカシンヤ)

田中慎弥(たなか・しんや)
1972年山口県生まれ。山口県立下関中央工業高校卒業。2005年、「冷たい水の羊」で第37回新潮新人賞受賞。2008年、「蛹」で第34回川端康成文学賞受賞。同年、「蛹」を収録した作品集『切れた鎖』で第21回三島由紀夫賞受賞。2012年、「共喰い」で第146回(平成23年度下半期)芥川龍之介賞受賞。同作は2013年9月、映画公開予定。他の著書に、『図書館準備室』『実験』『神様のいない日本シリーズ』『犬と鴉』『田中慎弥の掌劇場』『夜蜘蛛』がある。

オンライン書店で見る