叶うなら娘より一秒長く生きたい!! ~セーラーズ母娘物語~

講談社ENT!
カナウナラムスメヨリイチビョウナガクイキタイセーラーズハハコモノガタリ
叶うなら娘より一秒長く生きたい!! ~セーラーズ母娘物語~
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

わずか9坪の店舗で年商28億円を記録した、伝説のファッションブランド「セーラーズ」。すべてを手に入れた女性社長が、突如、華やかな表舞台から姿を消したのには、ハンディキャップを持って生まれた、愛する一人娘の存在があった……!

おニャン子クラブ、とんねるず、マイケル・ジャクソンといった著名人が愛用し、80年代の若者から絶大な支持を誇ったセーラーズ。だが、これほどの伝説を作り上げておきながら、セーラーズとその生みの親である三浦静加社長は、いつの間にか時代から姿を消してしまう。
実は、46歳で出産した一人娘が、脳性まひで「寝たきりになる可能性がある」と診断されたのだ。
落ち込んでいるヒマはない。「親として、してあげられる最大限の努力をするしかない!」――。
栄光も、華々しい交流もあっさりと放り投げ、ただ、娘と向き合うためだけに生きた14年間を綴った、ハートフル感動ノンフィクション!!

【目次】
第1章 ありがとう、命の知らせ
第2章 なぜ!? 大きくなったのにハンディキャップの告知
第3章 波乱万丈! セーラーズ物語
第4章 ある日突然、言葉が出ない!?
第5章 普通小学校で友達100人作ろう!
第6章 普通中学校の現実に直面
第7章 リハビリだって楽しんじゃう! 1日3時間365日
第8章 セーラー、だ~い好き!!

【著者プロフィール】
三浦静加(みうら・しずか)
1953年4月12日生まれ、埼玉県出身。
19歳で起業し、東京・江古田でジーンズショップを始める。多額の借金を背負いながらも女性社長として奮闘し、1984年、渋谷に「セーラーズ」をオープン。翌85年に人気アイドルグループ・おニャン子クラブの衣裳としてセーラーズが起用されたのをきっかけに、若者を中心に爆発的ブームとなる。わずか9坪ほどの店舗に全国から人々が殺到し、その数は一日で約2000人を記録。混乱を避けるため15歳未満は保護者同伴、買い物は15分の入れ替え制という、前代未聞の事態となり、数々のメディアで紹介された。1999年5月に愛娘・静良(セーラー)エミーが誕生。脳性まひと診断されてからは、自らの人生を娘に捧げると決意。二人三脚で1年365日、休むことなくリハビリに励み、現在に至る。

目次

  • 第1章 ありがとう、命の知らせ
  • 「あいたた……」「45歳で自然妊娠」「ベッド上、絶対安静」
  • 「目標は1000グラム!」「1999年5月15日午後1時15分」
  • 第2章 なぜ!? 大きくなったのにハンディキャップの告知
  • 「わずか3CCの母乳」「退院日、医師からの説明」「なんとなく、おかしいな……」
  • 「日本領事館にタクシーを相談!?」「アメリカのドクターズ・ビル」
  • 第3章 波乱万丈! セーラーズ物語
  • 「大きくなったら、女社長になる!」「19歳の挑戦」
  • 「おニャン子クラブとセーラーズ」「この行列、なんなんですか?」
  • 「入店は15分40人の入れ替え制、お買い物は15万円まで」
  • 「マイケル・ジャクソンって誰?」
  • 第4章 ある日突然、言葉が出ない!?
  • 「渡米してわかった娘の病名」「最大限の努力と、悔いの残らない選択」
  • 「誰にも言えなかった、セーラーズの閉店」「おかあちゃま、ありあと!」
  • 「のおぉーりぃーちょーだい!」
  • 第5章 普通小学校で友達100人作ろう!
  • 「娘にとって、喋らないことが身を守る方法!?」
  • 「行きたい学校は、セーラー自身が決める」
  • 「もう一人の母“おかみさん”と、大先輩!? 清水先生」
  • 「今日からは、今の娘と出会ったと思おう!!」「楽司くんとの素敵な思い出」
  • 第6章 普通中学校の現実に直面
  • 「小学4年の頃から、中学校探しの旅」「中学校も、娘が自分で決めちゃった!」
  • 「喋れなくても、言われていることはわかる」「高い壁にぶつかる!?」
  • 「嬉しくて頼もしい変化」
  • 第7章 リハビリだって楽しんじゃう! 1日3時間365日
  • 「鼻をかむ、がわからない」「み・う・らと書けた!」
  • 「スキー靴のような装具をはいて」「朝、夜のリハビリで合計3時間×365日」
  • 「目標は1000メートル!」
  • 第8章 セーラー、だ~い好き!!
  • 「トントン会話!」「ごめんね」「親として泣いてるんです」
  • 「頑張り屋さんのセーラー」「セーラー、ありがとう」

製品情報

製品名 叶うなら娘より一秒長く生きたい!! ~セーラーズ母娘物語~
著者名 著:三浦静加(セーラーズ社長)
発売日 2013年12月05日
価格 定価 : 本体1,400円(税別)
ISBN 978-4-06-218517-2
判型 四六
ページ数 248ページ

著者紹介

著:三浦静加(セーラーズ社長)(ミウラシズカ(セーラーズシャチョウ))

1953年4月12日生まれ、埼玉県出身。
19歳で起業し、東京・江古田でジーンズショップを始める。多額の借金を背負いながらも女性社長として奮闘し、1984年、渋谷に「セーラーズ」をオープン。翌85年に人気アイドルグループ・おニャン子クラブの衣裳としてセーラーズが起用されたのをきっかけに、若者を中心に爆発的ブームとなる。わずか9坪ほどの店舗に全国から人々が殺到し、その数は一日で約2000人を記録。混乱を避けるため15歳未満は保護者同伴、買い物は15分の入れ替え制という、前代未聞の事態となった。こうした現象が、年商28億円という業績とともに数々のメディアで紹介される。
セーラーズのファンは、日本の芸能・スポーツ界や政財界のみならず海外の著名人にも多く、マイケル・ジャクソンやスティービー・ワンダーなどがプライベートでも愛用していたことで、さらなる人気を誇った。
1999年5月に愛娘・静良(セーラー)エミーが誕生。
1歳のときに脳性まひと診断されてからは、自らの人生を娘に捧げると決意。
二人三脚で1年365日、休むことなくリハビリに励み、現在に至る。

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス
  • ローチケHMV