探偵工女 富岡製糸場の密室

文芸
タンテイコウジョトミオカセイシジョウノミッシツ
  • 電子あり
探偵工女 富岡製糸場の密室
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

日本の近代化を推進する原動力として、明治新政府が総力を挙げて建設した富岡製糸場。開業翌年の明治5年、この大規模器械式製糸場内で、若き工女が惨殺死体となって発見された。密室殺人の裏に隠された意外な真相に、被害者の傍輩である工女が迫る。『誘拐児』ほかで時空を超える人間の業と謎を探求し続ける江戸川乱歩賞作家による、近代日本ミステリー。

製品情報

製品名 探偵工女 富岡製糸場の密室
著者名 著:翔田 寛
発売日 2014年08月05日
価格 定価 : 本体1,500円(税別)
ISBN 978-4-06-218502-8
判型 四六
ページ数 272ページ
電子版製品名 探偵工女 富岡製糸場の密室

著者紹介

著:翔田 寛(ショウダ カン)

1958年東京生まれ。2000年「影踏み鬼」で第22回小説推理新人賞を受賞しデビュー。2008年『誘拐児』で第54回江戸川乱歩賞を受賞。ミステリーと時代小説の両ジャンルで健筆をふるっており、2014年、「墓石の呼ぶ声」で第67回日本推理作家協会賞短編部門候補となった。他の著書に『無宿島』『逃亡戦犯』『築地ファントムホテル』などがある。

オンライン書店で見る