済陽式抗がん食材帖 治った人が食べていた!

ナオッタヒトガタベテイタワタヨウシキコウガンショクザイチョウ
済陽式抗がん食材帖 治った人が食べていた!
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

『私のがんを治した毎日の献立』、『私の晩期がんを治した毎日の献立』、『私の末期がんを治した毎日の献立』、『がんから生還した私の常食とジュース』の4冊を既刊したなかで、読者での電話問い合わせでもっとも多かったのが、「●●は食べていいですか?」「▲▲がんなんですけど、◆◆がんに載ってた有効食材は効かないですか?」など食材の取捨選択法でした。
また、「抗がん食材」と、「健康維持食品」の区別がみなさんついていないようで、せっかくこころがけて続けていたことが、実は抗がん食生活にはなっていなかったケースも多くみうけられました。
そこで今回は、済陽式食事療法を続けるにあたって、「すすんで食べてほしい抗がん食品」、「避けるべき食品」、「健康維持にはなるけれど抗がんにはならない」食品の選別がひとめでわかるよう、食材に写真つきで○×を表記し、その理由も紹介するものとします。
文章を読み込まなくてもひとめで理解できるビジュアル版であることも本書の特徴です。

目次

  • ●食べ物の力でがんが治る事実
  • ●済陽式食事療法の8大法則
  • ●治った人にきいた! 済陽式食事療法
  • 私が心がけたポイント
  • ●がん臓器別、効果的な食材
  • <実験により、下記のがんに有効な食材とその理由を紹介>
  • ・前立腺がん
  • ・乳がん
  • ・胃がん
  • ・食道がん
  • ・大腸がん
  • ・肝臓がん
  • ・すい臓がん
  • ・肺がん
  • ・白血病
  • ・卵巣がん
  • ・悪性リンパ腫
  • ●治った人に倣う! 済陽式8カ条、実践編
  • (1カ条)かぎりなく無塩に近づける生活の知恵
  • (2カ条)動物性たんぱく質の食べてよい分量、選び方
  • (3カ条)野菜・果物を大量に、無農薬で摂取するコツ
  • (4カ条)胚芽を含む穀物と豆類摂取の食材選別術
  • (5カ条)乳製品、海藻、きのこ摂取の食材選別術
  • (6カ条)レモン、はちみつ、ビール酵母の食材選別術
  • (7カ条)油の選別術
  • (8カ条)「水」はナチュラルミネラルウォーターでなくてはいけない理由
  • (9カ条)嗜好品の選別術
  • ●抗がん食材帖
  • ・済陽先生おすすめの抗がん食材を一挙紹介
  • 注目の栄養素、何のがんに効くのか、効果的な摂取法がひとめでわかる
  • ●治った人が実際に食べ続けた
  • 済陽式食材が効率的に摂れる選りすぐりレシピ公開!
  • ●済陽式でがんが治った!患者さん食生活紹介
  • <克復したがん>
  • 大腸がん、上腸結腸がん、直腸がん、胃がん、肝臓転移、卵巣がん、乳がん、肝細胞がん、悪性リンパ腫、脊椎転移、腎門部再発

製品情報

製品名 済陽式抗がん食材帖 治った人が食べていた!
著者名 著:済陽 高穂
発売日 2013年09月26日
価格 定価 : 本体1,400円(税別)
ISBN 978-4-06-218475-5
判型 B6
ページ数 160ページ

著者紹介

著:済陽 高穂(ワタヨウ タカホ)

1970年、千葉大学医学部卒業後、東京女子医科大学消化器病センターに入局。73年、国際外科学会交換研修員として米国テキサス大学外科教室(J.C.トンプソン教授)に留学し、消化管ホルモンについて研究。帰国後、東京女子医科大学助教授。2003年、都立大塚病院副院長。07年、千葉大学医学部臨床教授を兼任。08年、三愛病院医学部研究所所長、トワーム小江戸病院院長。同年11月より西台クリニック院長。明朝末期に中国から渡来し、九州・都城の島津氏に仕えた薬剤師を先祖に持つ。
講談社の既刊書籍は、済陽式食事療法でがんを実際に克復した患者さんが毎日必死で食べ続けていた“本物レシピ”を集めたものが4冊ある。
シリーズ1:『私のがんを治した毎日の献立』
シリーズ2:『私の晩期がんを治した毎日の献立』
※晩期がん=余命半年を宣告された方々
シリーズ3:『私の末期がんを治した毎日の献立』
※末期がん=余命3ヶ月以内を宣告された方々
シリーズ4:『がんから生還した私の常食とジュース』

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス
  • ローチケHMV