鶏が鳴く

文芸
ニワトリガナク
鶏が鳴く
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

かつてのバンド仲間で引きこもり中の健吾は毎週月曜日の深夜、入荷したての少年ジャンプを買いに、コンビニに現れるという。なんとなく健吾が気に入らない(のに気になる)伸太は、健吾がコンビニにはいるのを確認して留守宅に侵入する。ところが深夜にもかかわらず、健吾宅からは奇声が響き渡っていた。健吾の部屋には聖書や洋書が置いてある。伸太は、帰ってきた健吾と夜通し話し合うことになるのだが……。

製品情報

製品名 鶏が鳴く
著者名 著:波多野陸
発売日 2013年08月22日
価格 定価 : 本体1,300円(税別)
ISBN 978-4-06-218473-1
判型 四六
ページ数 184ページ
初出 『群像』2013年6月号

著者紹介

著:波多野陸(ハタノリク)

1990年、千葉県生まれ。上智大学文学部卒。フリーター。千葉県在住。

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス
  • ローチケHMV