負けかたの極意

ノンフィクション・学芸(単行本)
マケカタノゴクイ
負けかたの極意
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

 善く勝てる者は、善く負ける方法を知っている!
 たった1敗をきっかけに、頂点から奈落の底にまで落ちてしまうチームや組織もあれば、負けが込んでいるようで、気がつけば最後にトップを取るところもある。人は目先の勝利やヒーローにばかり目を奪われるが、本当に強い者は、最後にトップを取る者だ。弱者には弱者の戦略があり、奢れる強者を逆転することは決して夢物語ではない。
 人口減少、世代間格差拡大、国際競争力減退……目先の個々の現象としては「負け」しかなくなった日本人の常識を覆し、最後に勝利をつかむ「負けない」ための局地戦の負けかたの極意を語る。不世出の<雑草>の名プレイヤーにして名将である野村克也氏の勝利をコントロールする哲学の集大成の1冊。すべてはこの1冊を語るためにあった!

目次

  • 第1章 人は勝利から学ばない
  • 第2章 敗者の特権
  • 第3章 再生も負けからはじまる
  • 第4章 負けかたの極意
  • 第5章 負けを活かすために何が必要か
  • 第6章 負けを活かすリーダーの条件

製品情報

製品名 負けかたの極意
著者名 著:野村 克也
発売日 2013年05月21日
価格 定価 : 本体1,300円(税別)
ISBN 978-4-06-218350-5
判型 四六
ページ数 224ページ

著者紹介

著:野村 克也(ノムラ カツヤ)

1935年、京都府生まれ。54年、京都府立峰山高校卒業。南海(現福岡ソフトバンク)ホークスへテスト生で入団。3年目に本塁打王。65年、戦後初の三冠王(史上2人目)など、MVP5度、首位打者1度、本塁打王9度、打点王7度。ベストナイン19回、ゴールデンクラブ賞1回。70年、監督(捕手兼任)に就任。73年、パ・リーグ優勝。のちにロッテ・オリオンズ、西武ライオンズでプレー。80年に45歳で現役引退。通算成績2901安打、657本塁打、1988打点、打率.277。90年、ヤクルト・スワローズ監督に就任、4度優勝(日本一3度)。99年から3年間、阪神タイガース監督。2002年から社会人野球・シダックスのゼネラル・マネジャー兼監督。03年、都市対抗野球大会で準優勝。89年、野球殿堂入り。06年度、東北楽天ゴールデンイーグルス監督就任。09年度、退任。24年間の監督生活で1565勝1563敗。「生涯一捕手」が座右の銘。

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス