軍神の血脈 ~楠木正成秘伝~

文芸
グンシンノケツミャククスノキマサシゲヒデン
軍神の血脈 ~楠木正成秘伝~
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

 南朝に殉じ命を落とした勇将・楠木正成。太平洋戦争末期、彼はその生き様から軍神として崇められた。
 ――そして現代。特攻隊の生き残りで歴史研究者の修吉は、正成の死に纏わる恐るべき事実を発見する。だが直後、何者かに毒を打たれ、瀕死の重体に。背後に見え隠れする秘密結社<南木の会>……。
 修吉の孫・瑠璃は同級生で作家の京一郎とともに、祖父の命を助けるため、正成の秘密を追う。
 南北朝時代から現代、そして東京の史跡と愛媛県を繋ぎ、葬られた歴史の真実が、明らかとなる!

製品情報

製品名 軍神の血脈 ~楠木正成秘伝~
著者名 著:高田崇史
発売日 2013年04月18日
価格 定価 : 本体1,400円(税別)
ISBN 978-4-06-218321-5
判型 四六
ページ数 288ページ

著者紹介

著:高田崇史(タカダタカフミ)

 昭和33年東京都生まれ。明治薬科大学卒。『QED 百人一首の呪』(講談社ノベルス)で、第9回メフィスト賞を受賞しデビュー。著作に「カンナ」シリーズ、「QED」シリーズ、「鬼神伝」シリーズ(2011年アニメ映画化)、「千葉千波の事件日記」シリーズなど。近作に、『毒草師 パンドラの鳥籠』がある。

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス
  • ローチケHMV