今日からできる ロコモティブシンドローム対処法

キョウカラデキルロコモティブシンドロームタイショホウ
今日からできる ロコモティブシンドローム対処法
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

ロコモティブシンドローム=運動機器症候群 加齢とともに、骨、筋肉、関節の機能が低下し、痛みをともなう障害が重なり、足を引きずるような歩き方になり、やがては歩行困難、寝たきりになる、というもの。4700万人が予備軍といわれています。

今はあまり耳慣れませんが、日本整形外科学会が提案し、国策として認知を得、その認知度向上が、健康日本21の目標のひとつとしてとりあげられました。
提唱者である 監修の中村耕三前日本整形医学会理事長は、予防のターゲットは
40代、50代の女性であるといいます。寿命も長く、筋肉量の少ない女性、しかも
親の介護に今、現在直面しつつある女性こそ切実で、予防の必要を感じて実践す
べきなのです。
ロコチェック、ロコモ度テストなどでチェックして、将来の膝、腰の痛みや、骨粗しょう症を防ぎ、ロコトレなど健康寿命を延ばすための実践法、そして親がロコモになったときの対処法も教えます。

目次

  • 始めに すべての人がロコモになります!
  • 第一章 脱ロコモティブシンドローム
  • 第二章 ロコモになりやすい人、なりにくい人
  • 第三章 今日から始める実践!ロコトレ
  • 第四章 ロコモ予防の食事術
  • 第五章 親がロコモになったとき
  • 第六章 ロコモ治療最新ニュース

製品情報

製品名 今日からできる ロコモティブシンドローム対処法
著者名 監:中村 耕三
発売日 2013年09月05日
価格 定価 : 本体1,300円(税別)
ISBN 978-4-06-218043-6
判型 A5
ページ数 96ページ
初出 美容健康会員誌「ヘルス&ビューティーレビュー」に連載されたものおよび「講談社MOOK 医療の現場2011年4月号」に掲載されたものに新たな取材を加え加筆訂正したもの。

著者紹介

監:中村 耕三(ナカムラ コウゾウ)

1973 年東大医学部卒。85 年同大病院分院整
形外科講師,87 年英国シェフィールド大整
形外科Visiting Lecturer,88 年自治医大助教
授,93 年東大助教授を経て,98 年より同大学院教授職。2001―06 年同大病院副院長。
07 年より日本整形外科学会理事長。11年に同大退官。
11年度日本医師会医学賞受賞。
現在 国立障害者リハビリテーションセンター総長。
理事長時代にロコモティブシンドロームを提唱。研究、衆知活動を続けている。

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス
  • ローチケHMV