読む 知る 話す ほんとうにあったお話 1年生

ヨムシルハナスホントウニアッタオハナシイチネンセイ
読む 知る 話す ほんとうにあったお話 1年生
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

事実(ノンフィクション)だけが持つ驚きに感動し、調べ、考え、世の中とつながること。誰かに話し、意見を聞き、自分の考えをまとめ伝えて、他者とつながること。
こうした「つながる力」を見据え、子どもたちの生きる力を育む学年別シリーズの1年生の巻です。
短編アンソロジーなので、どのお話からも読め、朝読にもぴったりです。
社会的な事件や、理科的な発明発見、心をゆさぶるドラマチックな事実まで、教科横断型の読み物として、調べ学習にも発展可能なセレクション。読み終えたら、今度はだれかに話すことにも重点を置き、コミュニケーション能力とプレゼンテーション能力も養います。

目次

  • 東日本大震災で津波に耐えた陸前高田の一本松のおはなし「つなみにたえた一本松」
  • 母クマに育児放棄された白くまの赤ちゃんを飼育係が人工哺育で育て上げた「しろくまピース」
  • 学校給食開始に尽力したお坊さんの温かい気持ちが心にしみる「給食の始まり」
  • クリスマスカードのシールで子どもの結核予防募金を始めた郵便局員のアイデアを知る「クリスマスシール」
  • 冬期オリンピックでライバルにタイツを貸したフィギュアスケート選手の友情「オリンピックのわすれもの」
  • 図書館に現れた野生のカモシカの騒動を描く「図書館にきたカモシカ」
  • アイスのコーンはこんなピンチから生まれた「アイスのコーンができたわけ」
  • 絶滅するトキを守ろうとした佐渡の人々の奮闘を綴る「日本さいごのトキ、キンちゃん」など、全8話収録。
  • 巻末には、話すための第一歩として「なにが心に残った?」「それはどうして?」「だれにはなしたい?」のステップで話すための準備を促す「話す・伝える」国語のページをガイド。
  • 学習指導要領との対応説明や、調べ学習にも役立つブックガイドも収録。

製品情報

製品名 読む 知る 話す ほんとうにあったお話 1年生
著者名 監:笠原 良郎 監:浅川 陽子
発売日 2012年10月05日
価格 定価 : 本体880円(税別)
ISBN 978-4-06-217989-8
判型 A5
ページ数 160ページ

著者紹介

監:笠原 良郎(カサハラ ヨシロウ)

全国学校図書館協議会顧問・国際子ども図書館を考える全国連絡会会長

監:浅川 陽子(アサカワ ヨウコ)

お茶の水女子大学附属小学校主幹教諭

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス