七緒のために

文芸
ナナオノタメニ
七緒のために
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

主人公の私=雪子は中学2年生。以前通っていた女子校に馴染めず、東京の中学校へ編入してきた。そのクラスで出会った本好きの少女・七緒に誘われて美術部に入り、予測のつかない彼女の言動に翻弄されながらも、きらめくような日々をともに過ごす。しかし次第に七緒がクラスから浮いていること、その言葉にウソが混じっているらしいことに気づき始める。美術教師の突然の死やカウンセラーとの関わりの中で、ふたりが共有した真実と嘘の間で揺れ動く私。やがてある事件を経てふたりは疎遠になっていく・・・。
純粋さゆえに傷つけあう少女同士の関係、友情の輝きと痛みが詩情あふれる筆致で描かれた珠玉作。

製品情報

製品名 七緒のために
著者名 著:島本理生
発売日 2012年10月30日
価格 定価 : 本体1,300円(税別)
ISBN 978-4-06-217982-9
判型 四六
ページ数 208ページ
初出 『群像』2010年1月号

著者紹介

著:島本理生(シマモトリオ)

1983年東京生まれ。東京都立新宿山吹高校卒、立教大学中退。98年、15歳の時に「ヨル」が「鳩よ!」掌編小説コンクールに当選。2001年、「シルエット」で群像新人文学賞優秀作受賞。03年、「リトル・バイ・リトル」が芥川賞候補となり、同年、史上最年少の20歳で第25回野間文芸新人賞を受賞。04年「生まれる森」が芥川賞候補。05年、「ナラタージュ」が山本周五郎賞候補、「この小説がすごい!2006年版」(宝島社)第1位。06年、「大きな熊が来る前に、おやすみ。」が芥川賞候補、07年、「Birthday」が川端康成文学賞候補、11年、「編んだスタンド・メイビー」で直木三十五賞候補となる。著書に『シルエット』『リトル・バイ・リトル』『生まれる森』『ナラタージュ』『大きな熊が来る前に、おやすみ。』『あなたの呼吸が止まるまで』『クローバー』『波打ち際の蛍』『君が降る日』『真綿荘の住人たち』『あられもない祈り』『アンダスタンド・メイビー』など。いま最も期待される若手女性作家のひとりである。

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス
  • ローチケHMV