世の中への扉 弁当づくりで身につく力

ヨノナカヘノトビラベントウヅクリデミニツクチカラ
世の中への扉 弁当づくりで身につく力
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

いま全国の小・中学校や高校にまで広がっている「弁当の日」を知っていますか? 
親は手伝わず、子どもたちが自分でつくった弁当を持って登校する日のことで、2001年に香川県の滝宮小学校で始まり、いまでは全国47都道府県の約1000校で実践されています。
自分で献立を考え、材料の買い出しから調理、弁当箱詰め、後かたづけまで「ひとり」でこなしてつくる。
そんな弁当づくりの体験をつうじて、子どもたちは自己を肯定し、親への感謝の気持ちを持ち、食べ物と命の大切さに気づきはじめます--。

製品情報

製品名 世の中への扉 弁当づくりで身につく力
著者名 著:竹下 和男
発売日 2012年10月25日
価格 定価 : 本体1,200円(税別)
ISBN 978-4-06-217952-2
判型 四六
ページ数 176ページ
シリーズ 世の中への扉

著者紹介

著:竹下 和男(タケシタ カズオ)

1949年、香川県生まれ。香川大学教育学部卒業。28年におよぶ小中教員・教育行政職を経て、2000年に綾南町(現・綾川町)立滝宮小学校校長に就任。同校で子どもだけで弁当を作る「弁当の日」を開始。この食育実践で、2003年に「地域に根ざした食育コンクール」最優秀賞(農林大臣賞)を受賞。同年から国分寺中学校校長、2008年から綾上中学校校長を勤め、2010年3月に定年退職。現在は「弁当の日」を全国に広げようと精力的に講演活動を行っている。
おもな著書に『“弁当の日”がやってきた』『台所に立つ子どもたち』(以上、自然食通信社)、『できる!を伸ばす“弁当の日”』(共同通信社)などがある。

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス
  • ローチケHMV