金の仔牛

文芸
キンノコウシ
  • 電子あり
金の仔牛
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

18世紀初頭のパリ。追い剥ぎのアルノーは、襲撃した馬車に乗っていた老紳士・カトルメールに、逆に儲け話を持ちかけられる。王立銀行が所有するミシシッピ会社の株を利用すれば大儲けができるというものだ。アルノーは話に乗り、出資者を集める役を引き受ける。古着屋のルノーダンや泥棒の親方・ヴィクトールらから大金を預かり、カトルメールに渡す。条件は、出資金額に対してひと月後に1.5倍の額での返済。担保はアルノーの命だ。当初300リーブルほどで売り出され始めたミシシッピ株は翌月に1000リーブルを突破し、最初の返済は順調に履行される。株価はこれから4000、そしてその先に9000リーブルまで上がると期待され、相場は加熱していく。投資が投資を呼び、追い剥ぎだったアルノーも、いまや羽振りのいい青年実業家に。100万リーブルを稼いで、ルノーダンの娘・ニコルを嫁にもらうことを目標に掲げるのだった──。

製品情報

製品名 金の仔牛
著者名 著:佐藤亜紀
発売日 2012年09月13日
価格 定価 : 本体1,600円(税別)
ISBN 978-4-06-217944-7
判型 四六変型
ページ数 304ページ
電子版製品名 金の仔牛
初出 『小説現代』2012年2月号~5月号

著者紹介

著:佐藤亜紀(サトウアキ)

1962年、新潟県生まれ。成城大学大学院修士課程修了。1999年から2005年まで早稲田大学文学部文芸専修で講師を務める。1991年『バルタザールの遍歴』で日本ファンタジーノベル大賞。2003年『天使』で芸術選奨新人賞を、2007年『ミノタウロス』で第29回吉川英治文学新人賞、および「本の雑誌が選ぶノンジャンルのベストテン」1位を受賞する。その他の著書に『醜聞の作法』『激しく、速やかな死』『小説のストラテジー』『雲雀』『鏡の影』『戦争の法』『モンティニーの狼男爵』『1809』などがある。

オンライン書店で見る