ピョンヤンの夏休み――わたしが見た「北朝鮮」

ノンフィクション・学芸(単行本)
ピョンヤンノナツヤスミ
著:柳美里
ピョンヤンの夏休み――わたしが見た「北朝鮮」
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

■作家・柳美里にとっての、もう一つの〈祖国〉朝鮮民主主義人民共和国。偏見にとらわれることなく、柳美里自身が見た「北朝鮮」の姿は何か。本人撮影による写真とともに綴られる、3度の訪朝を記録した本格紀行ノンフィクション。

■在日2世として日本に育った著者にとって、みずからのアイデンティティを探る試みは、これまで大作『8月の果て』で結実していたかのように思える。だが、そのルーツをさかのぼり、ベールに包まれた朝鮮民主主義人民共和国の内実を、自らの目で、肌で、足で追う作業は、彼女にとって当然の帰結だった。

■2008年から3回にわたって著者は北朝鮮を訪れた。2度目までは一人で、そして3度目は10歳の息子・丈陽、そして16歳年下の同居人男性という「奇妙な家族」で向かった。この作品は、柳美里のアイデンティティを探る記録であるのと同時に、〈家族〉と〈故郷〉の内実が解き明かされる刺激的なノンフィクションだ。

目次

  • 第一章 初訪朝――わたしが見た、幻の祖国  二〇〇八年十月
  • 第二章 こころが祖国に根を生やしている――朝鮮は霧の国だった
  • 第三章 太陽節と国際マラソン大会――8月の果て 二〇一〇年四月
  • 第四章 家族と故郷――息子を連れての訪朝    二〇一〇年八月
  • あとがき

製品情報

製品名 ピョンヤンの夏休み――わたしが見た「北朝鮮」
著者名 著:柳美里
発売日 2011年12月15日
価格 定価 : 本体1,500円(税別)
ISBN 978-4-06-217248-6
判型 四六
ページ数 288ページ
初出 『週刊現代』2008年11月29日号~12月20日号、『月刊イオ』2009年2月号、『G2』2010年9月第5号、2010年12月第6号をベースとして大幅な加筆を施した書き下ろし作品。

著者紹介

著:柳美里(ユウミリ)

(ゆう・みり)

 1968年生まれ。高校中退後、劇団「東京キッドブラザース」に入団。93年、『魚の祭』で、岸田國士戯曲賞を最年少で受賞。96年、初の小説集『フルハウス』を刊行し、泉鏡花文学賞・野間文芸新人賞を受賞。同年、「家族シネマ」で芥川賞を受賞。99年、『ゴールドラッシュ』で、木山捷平文学賞を受賞。01年、『命』で編集者が選ぶ雑誌ジャーナリズム賞を受賞、これに続く『魂』ほか、『命』四部作は累計百万部を超えるベストセラーとなる。

 他の代表作に、『石に泳ぐ魚』(新潮社)、『8月の果て』(新潮社)ほか。近刊に『山手線内回り』(河出書房新社)、『オンエア』(講談社)、『ファミリー・シークレット』(講談社)など。

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス
  • ローチケHMV