<世界史>の哲学 古代篇

文芸
セカイシノテツガクコダイヘン
  • 電子あり
<世界史>の哲学 古代篇
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

イエスの不条理な死はなぜ必要だったのか。その死と復活を記した福音書の物語は喜劇なのか。近現代社会の根幹をなす、資本主義とキリスト教から全貌を説き明かす。常識を覆しつつ紡がれる、まったく新しい<世界史>という物語。知的興奮に満ちた新しい哲学!

製品情報

製品名 <世界史>の哲学 古代篇
著者名 著:大澤 真幸
発売日 2011年09月21日
価格 定価 : 本体1,800円(税別)
ISBN 978-4-06-217206-6
判型 四六変型
ページ数 352ページ
電子版製品名 〈世界史〉の哲学 古代篇
初出 『群像』2009年2月号、3月号、5月号~2010年4月号

オンライン書店で見る