塔の中の女

文芸
トウノナカノオンナ
  • 電子あり
塔の中の女
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

荒れ地の図書館でエレクトラと再会したオレステスは、城の中心部へ、塔の頂へと近づいていく。

僕は永久に少年のまま年を重ねてゆくはずだった――。

「僕は、自分の姉さんの名前を知りたい」と、恐れながら、やっと言った。「エレクトラ」姉は突っ伏したまま、顔も上げずに返答した。《エレクトラ》……《エレクトラ》……僕は何度も呟きながら、だんだんと嬉しさがこみ上げてくるのを感じた。ずっと昔から知っている名前であるような気がした。その名前と、僕に顔を見せない姉が一体となって、僕の心に浸透してゆくような、よろこびだった。「素敵な名前だ。羨ましい」「ばか!」と姉は言いすてて、あきれたように書庫の中へ戻っていった。――<本文より>

新鋭が紡ぎ出す、圧倒的な物語

製品情報

製品名 塔の中の女
著者名 著:間宮 緑
発売日 2011年09月20日
価格 定価 : 本体1,700円(税別)
ISBN 978-4-06-217205-9
判型 四六
ページ数 288ページ
電子版製品名 塔の中の女
初出 『群像』2011年8月号

オンライン書店で見る