ぴんぞろ

文芸
ピンゾロ
ぴんぞろ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

第145回芥川賞候補作!
的確な言葉を丁寧に選んで、好きでたまらない人間を真面目に描けば、おのずと場所も物語も付いて来るという小説の当り前に、久々に出会った気がする。――<山田詠美氏【芥川賞選評より】>

パフォーマンス集団「鉄割アルバトロスケット」で活躍中の新鋭が描く、平成“チンチロリン”放浪記。

「サイコロの目ってのは、すべて意味があるんだ。人生なんて意味はねえけどよ、賽の目は宇宙に繋がってるからよ――」
浅草・酉の市でイカサマ賭博に巻き込まれた、脚本家の「おれ」。まるでサイコロの目に導かれるように、流れ流され辿り着いた先は、地方のさびれた温泉街。「おれ」はなぜか、そこのひなびたヌード劇場で前説をする羽目になってしまう――。三味線弾きのルリ婆さんと、その孫のリッちゃん、現実感のないまま三人での奇妙な共同生活が続いてゆくが……。

製品情報

製品名 ぴんぞろ
著者名 著:戌井昭人
発売日 2011年08月16日
価格 定価 : 本体1,400円(税別)
ISBN 978-4-06-217197-7
判型 四六
ページ数 152ページ