赤の他人の瓜二つ

文芸
アカノタニンノウリフタツ
  • 電子あり
赤の他人の瓜二つ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

血のつながっていない、その男は、私にそっくりだった。
青年の労働の日々はやがて、目眩くチョコレートの世界史へと接続する――。
芥川賞作家入魂の“希望の小説”。

血のつながっていない、赤の他人が瓜二つ。そんなのはどこにでもよくある話だ。しかしそう口にしてみたところで、それがじっさいに血のつながりのないことを何ら保証するものでもない。――私が初めてその男と会ったとき、そんな自問自答が思い浮かんだ。それほど男は私にそっくりだった、まるで記憶の中の自分の顔を見ているかのようだった。――<本文より>

“どこに連れていかれるかわからない”
朝日新聞、読売新聞、東京新聞ほか、「群像」掲載時より各紙誌驚愕の、芥川賞受賞第一作。

製品情報

製品名 赤の他人の瓜二つ
著者名 著:磯崎 憲一郎
発売日 2011年03月17日
価格 定価 : 本体1,400円(税別)
ISBN 978-4-06-216882-3
判型 四六
ページ数 176ページ
電子版製品名 赤の他人の瓜二つ
初出 『群像』2011年1月号

オンライン書店で見る