バイラル・ループ あっという間の急成長にはワケがある

クーリエ・ジャポン
バイラルループアットイウマノキュウセイチョウニハワケガアル
バイラル・ループ あっという間の急成長にはワケがある
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

ユーチューブやミクシィ、フェイスブック、ツイッターなど、いま成功している「ウェブ2.0企業」には、すべて共通した“ある秘密”がある。「バイラル・ループ」と呼ばれる現象がビジネス戦略に組み込まれているのだ。
これはモノやサービスが人の口コミや紹介を通じて、“ウィルスのように伝播していく現象”のことである。
誰も読んでくれる人などいないとわかっていて、ツイッターでつぶやく人はいないだろう。知り合いがいないのに、ミクシィに登録する人もいないはずだ。本当に気に入り、利用したいと考えたモノやサービスなら、消費者は自ずと周りの人に薦めるーー。こうして、利用者自身が気に入ったモノやサービスを積極的に紹介していく「バイラル・ループ」が拡がり、かつてないスピードで企業規模が急拡大しているのである。

では、いかにして“感染”するビジネスは生み出されたのか?
ニューヨーク大学准教授のアダム・ペネンバーグは、「バイラル・ループ」を利用して世界的企業となった企業をいくつも取材し、その成功物語を一冊の本にまとめた。ウェブメールサービスの「ホットメール」やオークションサイト最大手の「イーベイ」のほか、容器メーカーの「タッパーウェア」がいかにしてシェアを拡大したかや、米オバマ大統領当選の背景までをつぶさに考察、その秘密に迫っている。
「バイラル・ループ」にいち早く気付いた起業家や投資家、経営者たちがいかにしてそれを経営に活かしたか。本書は彼らの証言を元に、各企業の急成長ぶりを活写している。

ベンチャー企業、NPOや多国籍企業など、組織の形態や業種を問わず、ITテクノロジーの力を最大限に引き出す「バイラル・ループ」を企業戦略に組み込むことで、飛躍的な成長を望めるだろう。ライバルに差をつけるための次代のマーケティング戦略、「バイラル・ループ」。限られたリソースで確かなパフォーマンスを狙う現代のビジネスパーソン必読の書だ。

目次

  • まえがき 佐々木俊尚(ITジャーナリスト)
  • プロローグ 小さなアイディアが「大きな富」に化ける瞬間
  • 序章 大統領のバイラル作戦
  • 第1章 元祖はタッパーウェアだった
  • 第2章 ウェブというバイラル培養  
  • 第3章 バイラル大平原の開拓者たち
  • 第4章 メッセージの起爆力
  • 第5章 決めるのは消費者だ
  • 第6章 バイラル動画の広告効果
  • 第7章 バイラル成長の罠
  • 第8章 ペイパルの戦い
  • 第9章 ブログ時代のバイラル・ビジネス
  • 第10章 「臨界量」をどう超えるか
  • 第11章 SNS、成功の法則
  • 第12章 広告の新たなスタイル
  •   
  • エピローグ 地球もバイラル、人類もバイラル

製品情報

製品名 バイラル・ループ あっという間の急成長にはワケがある
著者名 著:アダム・ペネンバーグ 訳:中山 宥
発売日 2010年09月24日
価格 定価 : 本体1,700円(税別)
ISBN 978-4-06-216268-5
判型 四六
ページ数 320ページ

著者紹介

著:アダム・ペネンバーグ(アダム・ペネンバーグ)

Adam L. Penenberg
米国出身、47歳。ニューヨーク大学のジャーナリズム学科准教授として教鞭を執る傍ら、ビジネス・エコノミック・プログラムのアシスタント・ディレクターを務める。また、米ビジネス誌「ファスト・カンパニー」の記者として活躍中。米ビジネス誌「フォーブス」編集者、「フォーブス」オンライン版記者を経て、現職に至る。これまでにも「ニューヨーク・タイムズ」や「ワイアード」、「エコノミスト」など数多くのメディアに寄稿している。1998年、米大統領専用機に置かれている唯一の雑誌といわれる「ニュー・リパブリック」のエース記者、スティーブン・グラスが記事を捏造していることを暴き、全米で一躍有名に。事件は2003年、トム・クルーズ製作のもと、ヘイデン・クリステンセン主演で『ニュースの天才』として映画化された。
本書の『バイラル・ループ』は多くの米メディアで「必読のビジネス書」として紹介され、英「フィナンシャル・タイムズ」や米「ウォール・ストリート・ジャーナル」などに抜粋が掲載された。著書多数。