石を置き、花を添える

文芸
イシヲオキハナヲソエル
  • 電子あり
石を置き、花を添える
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

ウォーキング途中の道端に置かれた石と、添えられた花。埋められている「なにか」――問いは残されたまま「わたし」の記録は記憶を辿り、老いと死への思索に漂う。
清冽なる本格小説集。

いなくなった人間の生前の姿を見て、懐しんだり偲ぶことを、自分がしないことは分かっていた。ひとりで見てしんみりするのは本意ではなく、何人かで懐しむのは、さらに本意ではなかった。……おそらくわたしは、何事にせよ懐しむことが好きではないのだ。懐しむことは対象の原形を歪め、歪めなければ人は懐しめない、そう考えていたのだと思う。――<本文より>

収録作品
「石を置き、花を添える」
「なんの変哲もない場所にすぎない、タンスの上」
「海近しの眩しい陽射しが」

製品情報

製品名 石を置き、花を添える
著者名 著:川崎 徹
発売日 2008年08月04日
価格 定価 : 本体1,600円(税別)
ISBN 978-4-06-214903-7
判型 四六
ページ数 236ページ
電子版製品名 石を置き、花を添える

オンライン書店で見る