ミノタウロス

文芸
ミノタウロス
ミノタウロス
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

革命。破壊。文学。
「圧倒的筆力、などというありきたりな賛辞は当たらない。これを現代の日本人が著したという事実が、すでに事件だ」――福井晴敏氏

20世紀初頭、ロシア。人にも獣にもなりきれないミノタウロスの子らが、凍える時代を疾走する。――文学のルネッサンスを告げる著者渾身の大河小説。

第29回吉川英治文学新人賞受賞

製品情報

製品名 ミノタウロス
著者名 著:佐藤 亜紀
発売日 2007年05月10日
価格 定価 : 本体1,700円(税別)
ISBN 978-4-06-214058-4
判型 四六
ページ数 280ページ
初出 『小説現代』2006年6月号、7月号、10月号~12月号、2007年1月号、2月号