ナショナリズムの由来

ナショナリズムノユライ
ナショナリズムの由来
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

第61回毎日出版文化賞(人文・社会部門)受賞
あらゆる知を博捜し、15年の歳月をかけて考究した待望の巨編2000枚、ついに成る!
資本主義、ファシズム、イスラーム、キリスト教……民族、国家、近代、帝国……
人類最後の難問 ナショナリズムを解く!

大澤社会学の記念碑的達成!
ナショナリズムは近代社会に固有な現象である。……だが、近代を探究する者、近代を知る者にとって、ナショナリズムは躓きの石である。――<本書「あとがき」より>

さらに、考えてみれば、資本主義とは過剰なゴミを生産するシステムである、と言えなくもない。ある社会システムが資本主義であるかどうかを判定するには、製品が、その使用価値を失う前に廃棄されているかどうかを見ればよい。資本主義は、人々に、製品がまだ十分に使用に耐える内に、その製品を捨て去り、新たな製品へと置き換えることを要求する。だから、ゴミは、資本主義の陰画であり、双子の随伴物である。ゴミが芸術となるとき、実は、資本主義が、死んだ、停止した様態において展示されているのである。ところで、ナショナリズムの現在が、芸術の現在と同じダイナミズムに規定されているのだとすれば、われわれが探究すべき鍵は、やはり、資本主義にあるはずだ。――<本書「予告編」より>

目次

  • 予告編
  • 第1部 原型:ナショナリズムの由来
  •  1.普遍主義の倒錯
  •  2.ネーション成立以前/以降
  •  3.前駆的ナショナリズム
  •  4.ナショナリズムの諸類型
  •  5.資本主義とナショナリズム
  •  第1部 総括
  • 第2部 変型:ナショナリズムの最後・後の波
  •  1.2種類の小説
  •  2.沈黙の語り
  •  3.「終わり」の終わりに残るもの
  •  4.多文化主義的転回
  •  5.Coda
  •  第2部 総括
  • 補論 ファシズムの生成
  •  1.ファシズムの現在
  •  2.資本としての「精神」
  •  3.記憶=忘却
  • 結びに代えて――救世主について

製品情報

製品名 ナショナリズムの由来
著者名 著:大澤真幸
発売日 2007年06月29日
価格 定価 : 本体4,762円(税別)
ISBN 978-4-06-213997-7
判型 A5
ページ数 880ページ

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス
  • ローチケHMV