内村鑑三・我が生涯と文学

講談社文芸文庫
ウチムラカンゾウワガショウガイトブンガクゲンダイニホンノエッセイ
著:正宗白鳥 解説:高橋英夫
内村鑑三・我が生涯と文学
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

若き日に内村鑑三に魂を奪われて、その著作を耽読し、キリスト教徒となった「人生の求道者」正宗白鳥は、師の中に「我執の人」を発見し、神を棄てる。しかし、老いて83歳、再度死の恐怖から信仰の告白をした。生涯、いかに人間生くべきかを問い続けた作家が、率直、真撃に綴った評伝「内村鑑三」「内村鑑三雑感」と「我が生涯と文学」「文壇的自叙伝」の代表作4篇。

製品情報

製品名 内村鑑三・我が生涯と文学
著者名 著:正宗白鳥 解説:高橋英夫
発売日 1994年02月04日
価格 定価 : 本体951円(税別)
ISBN 978-4-06-196261-3
判型 A6
ページ数 314ページ
シリーズ 講談社文芸文庫
初出 本書は、『正宗白鳥全集』第二十五、二十七、二十八巻(昭和五十九年、六○年福武書店刊)を底本として使用。