あけびの花

講談社文芸文庫
アケビノハナゲンダイニホンノエッセイ
あけびの花
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

昭和。戦前・戦中の強権の下での苦闘の生活の中に生まれた「鬼子母神そばの家の人」「山猫その他」「遺伝」「残りの年齢」、戦後の自由の光の中で書かれた「木の名、鳥の名」「平泉 金色堂 中尊寺」「今日ただいまのところ」「遠野瞥見」阿佐ヶ谷文士たち、碩学・吉川幸次郎らが絶讃しやまない中野重治の強靱な精神と清新な詩心が生んだ随筆世界。

製品情報

製品名 あけびの花
著者名 著:中野重治
発売日 1993年06月03日
価格 定価 : 本体951円(税別)
ISBN 978-4-06-196228-6
判型 A6
ページ数 318ページ
シリーズ 講談社文芸文庫