猫柳十一弦の後悔 不可能犯罪定数

講談社ノベルス
ネコヤナギジュウイチゲンノコウカイフカノウハンザイテイスウ
猫柳十一弦の後悔 不可能犯罪定数
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

日本で唯一、探偵助手に関する技能と実戦を学べる、大東亜帝国大学・探偵助手学部。そこに通う2年生、君橋君人(クンクン)と月々守(マモル)は、ゼミ希望調査の時期を迎えていた。しかし、2人揃って第1、第2希望のゼミを落ち続け、悪ふざけで出した第3希望のゼミ行きが決定してしまう。そのゼミとは知名度ゼロの『猫柳十一弦ゼミ』。さっそく研究室に向かった2人は少女のような風貌の女性と遭遇した。そう、その人こそ指導教官、探偵・猫柳十一弦(25歳)!
猫柳は「ちゃんとあなたたちの面倒を見ます。わたしに任せてください。立派な探偵助手にしてみせます」と云うのだが、普段の行動を見ているとどうも頼りない。それに探偵としての経歴も不詳で実に怪しい……「この人の下では立派な探偵助手になれないのか? 」(涙)とショックを受ける君橋と月々。
そんな弱小ゼミに名門・雪ノ下樹ゼミと合同研修が出来るという朗報が届いた。君橋たちは人生大逆転をめざし、猫柳とともに孤島へ向かう。
ところが合宿初日に事件発生。とても奇怪な姿で絶命した女子学生が発見される。これをきっかけに連続する凶悪事件。嵐のため島外に出られず、本土から助けも来ない状況の中、“功績不明”の猫柳探偵と“経験ゼロ”の大学生たちは殺人事件を止められるのか? 
ストーリーテラーとしてますます磨きがかかってきたメフィスト賞作家・北山猛邦が描く青春ミステリ。圧倒的なリーダビリティと本格ミステリ魂で読み手の心を翻弄します。そしてカバーイラストは大人気イラストレーター・カスヤナガトが担当。北山ミステリの世界観を美しく爽やかなタッチで描き上げました。

製品情報

製品名 猫柳十一弦の後悔 不可能犯罪定数
著者名 著:北山猛邦
発売日 2011年12月06日
価格 定価 : 本体900円(税別)
ISBN 978-4-06-182791-2
判型 新書
ページ数 240ページ
シリーズ 講談社ノベルス
初出 『メフィスト』2010年VOL.1~2011年VOL.1に掲載された「不可能犯罪定数」を改題し、加筆修正したもの。

著者紹介

著:北山猛邦(キタヤマタケクニ)

(きたやま・たけくに)
1979年生まれ。2002年、『「クロック城」殺人事件』で第24回メフィスト賞を受賞し、デビュー。時空を超えた世界と物理的トリックが話題となり、次代を担う本格ミステリ作家として、多くのファンの心を掴んだ。以降、「城」シリーズを第4弾まで発表。
最新作のミステリ短編集『私たちが星座を盗んだ理由』(講談社ノベルス)は読者の想像をはるかに超える結末に発売直後から話題を集めた。
その一方で「名探偵 音野順の事件簿」シリーズ(東京創元社)のようなコミカルな本格ミステリも発表するなど、幅広い活躍を見せている。

関連シリーズ