『クロック城』殺人事件

講談社ノベルス
クロックジョウサツジンジケン
『クロック城』殺人事件
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

本文208項の真相を他人に喋らないでください。

時を超えた不可能犯罪!?メフィスト賞受賞作。

現在、過去、未来。別々の時を刻む3つの大時計を戴くクロック城。そこは人面樹が繁り、地下室に無数の顔が浮き出す異形の館。謎の鐘が鳴り響いた夜、礼拝室に首なし死体、眠り続ける美女の部屋には2つの生首が。行き来不能な状況で如何に惨劇は起こったか?世界の終焉を鮮烈に彩る衝撃のメフィスト賞受賞作!!

世界が終わるまでに、ぜひ読んでいただきたいと思います。――(北山猛邦)

製品情報

製品名 『クロック城』殺人事件
著者名 著:北山 猛邦
発売日 2002年03月07日
価格 定価 : 本体800円(税別)
ISBN 978-4-06-182239-9
判型 新書
ページ数 272ページ
シリーズ 講談社ノベルス