銀の檻を溶かして 薬屋探偵妖綺談

講談社ノベルス
ギンノオリヲトカシテクスリヤタンテイヨウキダン
銀の檻を溶かして 薬屋探偵妖綺談
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

賑やかな街の一角に、その店は存在する。燻べたような色の木の板、木の壁、木の天井。まるでそこだけ時に取り残されたかのような――その店。蒼然たる看板に大書された屋号は、「深山木(ふかやまぎ)薬店」。優しげな青年と、澄んだ美貌の少年と、元気な男の子の3人が営む薬種店は、だが、極めて特殊な「探偵事務所」で……!?第11回メフィスト賞受賞作!!

●著者のことば
妖怪、推理、探偵、人間、時間、そして薬屋さん。好きなものがたくさん詰まったこの世界は、虚像と事実のパーライトです。本文中に引用されたカナダの詩人のあの本は、どこの本屋さんにも売っていない紛い物です。でも、子供のノートや、連日続く夜中のノックは、身辺な所で起きた実話に基づいています。薬屋さんは……どうでしょう?もしかしたら、何処かにあるかもしれません。

製品情報

製品名 銀の檻を溶かして 薬屋探偵妖綺談
著者名 著:高里椎奈
発売日 1999年03月05日
価格 定価 : 本体880円(税別)
ISBN 978-4-06-182059-3
判型 新書
ページ数 278ページ
シリーズ 講談社ノベルス

関連シリーズ

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス
  • ローチケHMV