記憶の果て

講談社ノベルス
キオクノハテザエンドオブメモリィ
記憶の果て
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

エンターテインメントの未来を照らす快作!
亡き父の書斎に入った安藤直樹は奇妙なコンピューターを発見する。電源を入れた途端、モニター上に自己紹介の文が流れ出した。このパソコンは「何者」なのか?

浦賀和宏と云う若い作家は、作法を創るべく模索している。その仕事は、新しい小説を求める者に、多くの示唆を与えてくれる筈である。紡がれたテキストは、ミステリだとかSFだとかいう既存の枠組みに与(くみ)することを嫌っているかのようである。それでいて、多くのジャンルに新たな可能性を悉(ことごと)く内包してもいる。均等な距離感に基づく世界観を以て築かれた物語は、読む者の偏差を明確に自覚させてくれるだろう。本書は、先行作品に対する敬意ある挑発である。――京極夏彦

製品情報

製品名 記憶の果て
著者名 著:浦賀和宏
発売日 1998年02月05日
価格 定価 : 本体950円(税別)
ISBN 978-4-06-182006-7
判型 新書
ページ数 472ページ
シリーズ 講談社ノベルス