言霊と他界

講談社学術文庫
コトダマトタカイ
言霊と他界
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

本書は、言霊と他界に関わるさまざまな思惟や観念の分析を通じ、近世から現代にかけての日本人の隠された精神史を探った論考である。分析の対象となる人物は、真淵、宣長、秋成、篤胤から、露伴、八雲、透谷、鏡花、さらには柳田、折口、南方等と多彩で、その考察も変化に富む。言霊と他界を同時に視界に捉え、両者に架橋を試みようとする意欲作。

目次

  • 1章 よし刈るあし
  • 2章 篤胤の柱
  • 3章 「かくり世」と「かくれ里」
  • 4章 御杖のともし火
  • 5章 鳥の言葉
  • 6章 八雲の耳
  • 7章 蓬莢と心宮
  • 8章 明治の神仙世界
  • 9章 山のユートピア
  • 10章 王仁の暗号
  • 11章 象徴の森
  • 12章 歌の死滅
  • 13章 霊魂の行方

製品情報

製品名 言霊と他界
著者名 著:川村 湊
発売日 2002年12月10日
価格 定価 : 本体1,180円(税別)
ISBN 978-4-06-159575-0
判型 A6
ページ数 360ページ
シリーズ 講談社学術文庫
初出 本書は、1990年に講談社から刊行された同名の書を文庫化したものです。

著者紹介

著:川村 湊(カワムラ ミナト)

1951年北海道生まれ。法政大学法学部政治学科卒業。韓国・東亜大学助教授を経て、現在、法政大学国際文化学部教授。1980年群像新人文学賞優秀作受賞。1995年平林たい子賞受賞。著書に『異境の昭和文学』『戦後文学を問う』『南洋・樺太の日本文学』『「大東亜民俗学」の虚実』『村上春樹をどう読むか』『原発と原爆』など多数。