肖像のなかの権力

講談社学術文庫
ショウゾウノナカノケンリョク
著:柏木博
肖像のなかの権力
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

雑誌や絵葉書など、日常目にするグラフィック。それらは時代や社会の支配的論理とシステムを内包している。そしてグラフィックにひそむ〈力〉は、その形式という抽象性によってイデオロギー的対立をも越えて、世界を覆ってゆく──。生産と所有をめぐる闘争の世紀を現出した「近代」というシステムと、我々を支配する図像の〈力〉を探る好著。

目次

  • ・第1部
  • 1 肖像のフェティシズム──「週刊朝日」の表紙
  • 2 戦争のグラフィズム──対外宣伝雑誌「FRONT」のデザイン
  • 3 制度化されたまなざし──初期の絵葉書
  • ・第2部
  • 1 つくられた〈子どもの国〉──「少年探偵団」と「赤い鳥」
  • 2 〈団欒〉の空間──文化住宅の間取り
  • 3 父の肖像──キヨソーネの〈御真影〉
  • ・第3部
  • 1 ハイテック・アートの現在
  • 2 シンボルとしての「自由の女神」
  • 3 消費されるテレビの映像

製品情報

製品名 肖像のなかの権力
著者名 著:柏木博
発売日 2000年01月07日
価格 定価 : 本体1,050円(税別)
ISBN 978-4-06-159414-2
判型 A6
ページ数 296ページ
シリーズ 講談社学術文庫
初出 本書の原本は、1987年、平凡社より刊行されました。

著者紹介

著:柏木博(カシワギヒロシ)

1946年生まれ。武蔵野美術大学卒業。現在、武蔵野美術大学教授、デザイン評論家。著書に、『近代日本の産業デザイン思想』『日用品のデザイン思想』『欲望の図像学』『ミクロユーとビアの家族』『モダンデザイン批判』『20世紀はどのようにデザインされたか』『「しきり」の文化論』『探偵小説の室内』など多数ある。