パリ風俗史

講談社学術文庫
パリフウゾクシ
パリ風俗史
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

喧噪と活気と華やぎと色鮮やかにパリを描く異色の歴史書

時代とともにさまざまな相貌を宿す華の都、パリ。ルイ14世の騎馬パレード、大革命時の生々しい処刑、場末の盛り場ポルシュロン、オペラ座の華麗な舞踏会。同時代の証言・手紙・日記と豊富な図版を駆使し、パリの盛衰と庶民の生活を色鮮やかに描き出す。タイム・マシンに乗って、揺籃期から爛熟期まで、自在に駆け巡る、壮麗な都、パリの絵巻物。

目次

  • 第1章 揺籃期のパリ
  • 第2章 中世のパリ
  • 第3章 ルネサンス
  • 第4章 17世紀
  • 第5章 18世紀
  • 第6章 大革命と総裁政府(デイレクトワール)
  • 第7章 帝政下のパリ
  • 第8章 王政復古と七月政権
  • 第9章 第二帝政
  • 第10章 パリ包囲
  • 第11章 パリ・コミューン
  • 第12章 第三共和政下のパリ
  • 第13章 世紀末のパリ
  • 第14章 ベルエポック
  • 第15章 大戦中のパリ
  • 第16章 大戦後
  • 第17章 パリの魅力──1930年
  • 第18章 明日

製品情報

製品名 パリ風俗史
著者名 著:アンドレ・ヴァルノ 訳:北澤 真木
発売日 1999年11月10日
価格 定価 : 本体1,400円(税別)
ISBN 978-4-06-159405-0
判型 A6
ページ数 478ページ
シリーズ 講談社学術文庫

著者紹介

著:アンドレ・ヴァルノ(アンドレ・ヴァルノ)

1885年生まれ。1910年代から没年までフランスで活躍したジャーナリスト、作家。主著に《Les Peintures de Montmartre》《Petites Images du Temps de Guerre》など多数あり、同時代における美術評論家の一人であった。1960年没。

訳:北澤 真木(キタザワ マキ)

1966年早稲田大学文学部(美術史)卒業。訳書に『パリ職業づくし』『海の記憶を求めて』『18世紀パリ市民の私生活』『ナポレオン』『絵で見るパリモードの歴史』『パリの毒殺劇』など。