神々の精神史

講談社学術文庫
カミガミノセイシンシ
神々の精神史
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

<カミ>を語ることは、日本人の精神の歴史を語ることである。著者は、神話・伝説・昔話などの構造分析を手がかりに、文化人類学と民俗学のはざまから揺さぶりをかける。神々の棲む村、民話的想像力の背景、根元神としての翁、フォークロアの先達・筑土鈴寛(つくどれいかん)など、日本文化の深層にひそむ民俗的発想の原点を探り、柳田・折口以後の民俗学を鋭く批判した。人類学的視点から問いかけた刺激的な知の軌跡。

目次

  • 学術文庫版まえがき
  • 序 神々の棲む村
  • 1 民話的想像力について
  •  民話的想像力とその背景 『江差(えさし)郡昔話』
  •  神霊(かみ)の変装(やつし)と人間(ひと)の変装(やつし) 昔話の構造論的素描
  •  怪物退治と異類婚姻 『御伽草子』の構造分析
  •  最後に笑うもの 「物くさ太郎」に見る笑いとユーモア
  • 2 民衆の思想について
  •  根元神としての翁(おきな) 猿楽の翁と稲荷の翁を中心に
  •  世捨てと山中他界 山岳空間の認識論的構造
  •  海上他界の思想 「うつぼ舟」を中心に
  •  屍愛譚(しあいたん)をめぐって 伊弉諾(いざなぎ)・伊弉冉(いざなみ)二神の冥界譚を中心に
  •  国占(くにじ)めと国譲りをめぐって 日本神話における占有儀礼
  • 3 筑土鈴寛の世界
  •  筑土鈴寛(つくどれいかん)の民俗学 異端のフォークロア
  •  日本的記述の方法 筑土鈴寛論拾遺
  •  筑土鈴寛と超世の霊童 筑土鈴寛補遺
  • 旧版あとがき
  • 増補新版あとがき
  • 福武文庫版あとがき
  • 初出一覧
  • 索引

製品情報

製品名 神々の精神史
著者名 著:小松和彦
発売日 1997年05月09日
価格 定価 : 本体1,200円(税別)
ISBN 978-4-06-159279-7
判型 A6
ページ数 380ページ
シリーズ 講談社学術文庫
初出 本書の原本は、1992年1月、福武書店(現ベネッセ)から刊行されました。

著者紹介

著:小松和彦(コマツカズヒコ)

小松和彦(こまつ・かずひこ)
1947年生まれ。埼玉大学教養学部卒業。東京都立大学大学院博士課程修了。現在、国際日本文化研究所教授。専門は、文化人類学、民俗学。
著書に、『憑依信仰論』『日本妖怪異聞録』『妖怪学新考』『異人論』『悪霊論』『神隠し』『説話の宇宙』『神になった人びと』『神隠し譚』『京都魔界案内』『神隠しと日本人』 『異界と日本人』『妖怪文化入門』『日本人の異界観』 など多数ある。