国民経済 その歴史的考察

講談社学術文庫
コクミンケイザイソノレキシテキコウサツ
国民経済 その歴史的考察
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

資本主義や民主主義は、どのようにして成立したのか。英米2国の歴史的分析をもとに、社会的分業と協働に基づく国民経済の成立を活写し、そこから生じた共同の利害が民主主義を育んだと主張する。また加工貿易型産業構造のオランダの衰退を指摘し、さらに「南洋の泡沫」事件など十八世紀の熱狂的な株式投機とその崩壊をも考察。今日の政治、経済の本質に鋭く迫るきわめて示唆に富んだ不朽の名著。

目次

  • ●第1部 序説
  •  1 経営者ロビンソン・クルーソウ
  •  2 デフォウの産業都市計画
  •  3 重商主義──訳語の運命について
  •  4 国民的産業──重商主義政策の支柱
  •  5 貿易国家の二つの道
  • ●第2部 富──その近代的形態
  •  1 近代化の歴史的起点──いわゆる民富の形成について
  •  2 近代社会の生産力的基盤──貿易国家の二つの型
  •  3 経済的繁栄の幻像──投機による擬制的富の終末
  • ●第3部 国民経済──歴史的視野での考察
  •  1 政治的独立と国民経済の形成
  •  2 民主主義と経済構造

製品情報

製品名 国民経済 その歴史的考察
著者名 著:大塚久雄
発売日 1994年10月04日
価格 定価 : 本体860円(税別)
ISBN 978-4-06-159145-5
判型 A6
ページ数 218ページ
シリーズ 講談社学術文庫
初出 本書は『国民経済』(弘文堂、1965年刊)を底本としました。

著者紹介

著:大塚久雄(オオツカヒサオ)

1907年京都生まれ。東京大学経済学部卒業。法政大学教授を経て、東京大学教授、国際基督教大学教授。文化勲章受章。1996年没。主な著書に、『株式会社発生史論』『近代欧州経済史序説』『社会科学における人間』『社会科学の方法』『近代化の人間的基礎』ほか。主な訳書に、マックス・ウェーバー『プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神』ほか。