リヴァイアサン

講談社学術文庫
リヴァイアサン
リヴァイアサン
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

世界の部分秩序である国家を、「主権」という、唯一神の「全能」の類比概念によって性格づける国家論は、基本的に誤った思想であり、また帝国の「主権国家」への分裂は、世界秩序に責任をもつ政治主体の消去をもたらした、人類史上最大の誤りではないか……。ホッブズ、ケルゼン、シュミットという西欧の3人の思想家の「国家論」を基軸として、国家史の再構成を試みた画期的論考。文庫オリジナル。

目次

  • ●第1部 国家の概念と歴史
  •  1 四つの国家観
  • 2 国家の概念
  • 3 国家の起源
  • 4 ポリスから帝国へ
  • 5 帝国の解体──「主権国家」の登場
  • 6 神と国家
  • 7 十八・十九世紀のヨーロッパ
  • 8 第一次大戦
  • 9 日本
  • 10 第二次大戦とその後
  • ●第2部 近代国家の思想
  • 1 ホッブズ死後三百年
  • 2 ケルゼン小伝
  • 3 カール・シュミットの死
  • 4 ケルゼンとシュミット
  • 5 ホッブズとシュミット
  • 6 ホッブズとケルゼン
  • ●付 国家の未来

製品情報

製品名 リヴァイアサン
著者名 著:長尾 龍一
発売日 1994年09月05日
価格 定価 : 本体1,000円(税別)
ISBN 978-4-06-159140-0
判型 A6
ページ数 266ページ
シリーズ 講談社学術文庫

著者紹介

著:長尾 龍一(ナガオ リュウイチ)

1938年、中国生まれ。東京大学法学部卒業。東京大学名誉教授。専攻は法哲学。著書に、『日本法思想史研究』『日本国家思想史研究』『ケルゼンの周辺』『カール・シュミットの死』『アメリカ知識人と極東』『法哲学入門』『ケルゼン研究』(全3冊)ほか、講談社学術文庫に『日本憲法思想史』ほか。