マルクス主義の地平

講談社学術文庫
マルクスシュギノチヘイ
著:廣松 渉 解説:高橋 洋児
マルクス主義の地平
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

マルクス・エンゲルスは、余りにも“歴史に先駆けすぎた”と言うべきかもしれない。彼らは「ブルジョア的世界観」の“全体的イデオロギー性”をトータルに相対化することによって、それを超克しうべき新しい視界を拓いている。マルクス主義が資本主義体制の根底的な止揚を嚮導(きょうどう)しうる所以もそこに在する。本書がモチーフとするところのものは、この『マルクス主義の地平』の対自化にほかならない。

目次

  • ●第1部 マルクス主義“哲学”の地平
  •  第1章 マルクス主義的唯物論とは何か
  •  第2章 “近代”思想の地平を超えるもの
  • ●第2部 マルクス主義と人間の問題
  •  第3章 唯物史観における人間の問題
  •  第4章 マルクス主義と“実存”の問題
  • ●第3部 マルクス主義と自由の問題
  •  第5章 歴史法則と諸個人の自由
  •  第6章 唯物史観と階級闘争史観
  • ●第4部 マルクス主義と「物象化」論
  •  第7章 「資本論」における「物象化」論
  •  第8章 「疎外論」から「物象化論」へ
  • ●附 マルクス主義研究への視角
  •  附論1 マルクス主義の地平と物象化論
  •  附論2 マルクス主義認識論のために

製品情報

製品名 マルクス主義の地平
著者名 著:廣松 渉 解説:高橋 洋児
発売日 1991年01月08日
価格 定価 : 本体1,280円(税別)
ISBN 978-4-06-158956-8
判型 A6
ページ数 384ページ
シリーズ 講談社学術文庫
初出 本書は、1969年に勁草書房より刊行されました。

著者紹介

著:廣松 渉(ヒロマツ ワタル)

1933年福岡県生まれ。東京大学大学院博士課程(哲学)修了。東京大学教養学部教授。主な著書に、『資本論の哲学』『唯物史観の原像』『科学の危機と認識論』『事的世界観への前哨』『存在と意味』『物象化論の構図』『新哲学入門』『哲学入門一歩前』。講談社学術文庫に、『唯物史観と国家論』(山本耕一氏との共著)『〈近代の超克〉論』『生態史観と唯物史観』『世界の共同主観的存在構造』がある。1994年6月没。