櫻史

講談社学術文庫
オウシ
著:山田孝雄 校訳:山田忠雄
櫻史
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

ただ「花」といえば「櫻花」を指すといわれるほどに、春爛漫の櫻は日本人に格別の意味をもつ。ようやく長い冬が去り、光あふれる春の訪れ。その証しとして美しい薄桃色の花が万朶と咲き匂うとき、私たちの春の歓びは極まる。櫻と日本人のかかわりの歴史を、上古より現代まで七期に分け、櫻花にまつわる逸話・詩歌・人物のあらゆる事柄についてまとめた。国文学研究の第1人者による比類なき“櫻”讃歌。

目次

  • 上古の巻
  •    櫻を花とのみいふことのはじめ
  •    古、木花といひしは櫻花なりしこと
  •    磐余若櫻宮
  •    衣通姫
  •   など
  • 中古の巻
  •   南殿の櫻
  •   花の宴
  •   奈良の都の八重櫻
  •   吉野山
  •    など
  • 近古の巻
  •    左近の櫻
  •    庭の白雪
  •    花のくさぐさ
  •    接木の櫻
  •   など
  • 中世の巻
  •    左近の櫻と花の宴
  •    兼好法師の櫻花観
  •    花のまごころ
  •    雲井の櫻
  •   など
  •   
  • 近世の巻一
  •    花の御所
  •    北山殿行幸
  •    普賢堂
  •    信濃櫻
  •    糸櫻と彼岸櫻
  •   花の謡ひ
  •   旅路の花
  •   不断櫻
  •   武人と櫻
  •   やよいざ櫻
  • など
  • 近世の巻二
  •   勅銘の櫻
  •   嶺の白雲
  •   那波道円の櫻譜
  •   有馬涼及が櫻痴
  •   碁打の花見
  •   京都の花
  • など
  • 現代の巻
  • 櫻花の災厄
  • 観櫻の御会
  • 小金井の行幸
  • 江戸川の櫻など
  • など
  • 附録
  • はな
  • 日本精神と本居宣長
  • あとがき
  • 索引

製品情報

製品名 櫻史
著者名 著:山田孝雄 校訳:山田忠雄
発売日 1990年03月05日
価格 定価 : 本体1,500円(税別)
ISBN 978-4-06-158916-2
判型 A6
ページ数 504ページ
シリーズ 講談社学術文庫
初出 本書は1941年に櫻書房より刊行された『櫻史』の文庫版です。

著者紹介

著:山田孝雄(ヤマダヨシオ)

1875~1958。富山県生まれ。富山中学中退。独学で教員免許を取得、富山、奈良、高知の小中学校で教鞭を執る。日本大学講師、東北大学教授、神宮皇学館大学学長を歴任。文学博士。専攻は国語・国文学。いわゆる「山田文法」を体系化した。1957年文化勲章を受章。著書に『日本文法論』『奈良朝文法史』『平安朝文法史』『日本口語法講義』『敬語法の研究』『国語学史要』『日本文法学概論』ほか多数。