「近代の超克」論

講談社学術文庫
キンダイノチョウコクロン
著:廣松渉
「近代の超克」論
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

座談会「近代の超克」は、昭和17年、各界知識人による“協力会議”を標榜して開かれた。“伝説的に有名”なこの会議は、不毛な体制讃美に終わったのか、それとも日本思想の極北たり得たか? 著者は、西洋哲学の超克を志向した西田哲学本来の構えに立ち返り、高山(こうやま)・三木ら京都学派の「世界史の哲学」の役割と限界を剔抉(てっけつ)する。近代知の対自化が課題とされる今日、本書の問いかけはいよいよ重い。

目次

  • 1 『文学界』誌上座談会にふれて
  • 2 高坂正顯氏の所論を読み返す
  • 3 『世界史の哲学』と大戦の合理化
  • 4 戦時下「日本思想」批判の一里程
  • 5 国家総動員体制と歴史の狡智
  • 6 三木清の「時務の論理」と溢路
  • 7 民族主義的「自己偽瞞」の絶唱
  • 8 絶望の余焔と浪曼主義的自照
  • 9 京都学派と世界史的統一理念
  • 10 哲理と現実態との媒介の蹉跌

製品情報

製品名 「近代の超克」論
著者名 著:廣松渉
発売日 1989年11月06日
価格 定価 : 本体980円(税別)
ISBN 978-4-06-158900-1
判型 A6
ページ数 276ページ
シリーズ 講談社学術文庫

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス
  • ローチケHMV