続・勘の研究

講談社学術文庫
ゾクカンノケンキュウ
著:黒田 亮 解説:大塚 鐙
続・勘の研究
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

古来東洋においては、たとえば禅の悟りや剣法の極意、芸能における名人芸などにみられる、ある普遍的なものを「いわく言いがたし」とか「名状すべからず」とか称しつつ伝えてきた。本書において著者は、この普遍的な“何か”を「勘」という概念によって捉え、その学問的体系づけを試みている。本書は「勘」という前人未踏の研究領域における唯一の心理学的研究であり、日本人の精神の働きと構造を立体的に解剖した古典的名著である。

目次

  • 第1章 回顧と展望
  • 第2章 物の見方と那一点
  • 第3章 心の力学--対象論
  • 第4章 心の力学--本質論
  • 第5章 八面六臂の心の働き
  • 第6章 直指と分極作用との関係
  • 第7章 盲人における勘
  • 第8章 機
  • 第9章 感情生活と勘
  • 第10章 結び

製品情報

製品名 続・勘の研究
著者名 著:黒田 亮 解説:大塚 鐙
発売日 1981年05月06日
価格 定価 : 本体980円(税別)
ISBN 978-4-06-158537-9
判型 A6
シリーズ 講談社学術文庫
初出 本書は『続勘の研究』岩波書店、1938年刊を底本としました。

著者紹介

著:黒田 亮(クロダ リョウ)

1890~1949。新潟県生まれ。一高を経て、東京帝国大学文学部卒業。京城帝国大学教授。文学博士。文学、文献学、動物心理学、東洋心理学など幅広い分野で活躍した。著書に『心理学概論』『徒然草分類索引』『動物心理学』『続勘の研究』『朝鮮旧書考』などがある。