はじめての計測工学 改訂第2版

講談社サイエンティフィク
ハジメテノケイソクコウガクカイテイダイニハン
はじめての計測工学 改訂第2版
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

刊行以来、絶大なる支持を集め続けているテキストの待望の改訂版です。前著のスタイルを踏襲しつつ、全体に渡って内容をリフレッシュし、低価格を実現しました。

●本文レイアウトを一新し、よりポイントを見やすくしました。
●図版を一新し、より視覚的にわかるように配慮しました。
●「ロボットセンサ」「熱画像計測」「CT、MRI、PET」「超音波」などのコラムを新たに加え、進展著しい計測技術に対応しました。
●「度量衡単位の変遷」「てんびんによる質量測定」「放射線を測る」の解説を新たに加え、より理解が深められるようにしました。

目次

  • 改訂第2版のまえがき
  • まえがき
  • 第1章 計測工学と計測法の基礎
  • 1.1 計測工学とは
  • 1.2 計測工学の守備範囲と対象情報
  • 1.3 直接測定と間接測定
  • 1.4 計測の基本的方式
  • 1.5 計測器の性能の表し方
  • 1.6 計測の誤差とその表現法
  • 1.7 外乱による誤差を防ぐには
  • 1.8 計測器が計測対象に及ぼす影響(負荷効果)
  • 第2章 物体を測る
  • 2.1 度量衡単位の変遷
  • 2.2 距離を測る
  • 2.3 長さを測る
  • 2.4 動きや振動を測る
  • 2.5 力,トルク,動力を測る
  • 2.6 強さや硬さを測る
  • 2.7 流体を測る
  • 第3章 状態量を測る
  • 3.1 流体圧力を測る
  • 3.2 温度を測る
  • 第4章 物質を測る
  • 4.1 機器分析の原理
  • 4.2 元素を測る
  • 4.3 気体を測る
  • 4.4 複雑な化合物を測る
  • 4.5 放射線を測る
  • 4.6 機器分析についてひとこと
  • 第5章 信号変換と処理
  • 5.1 計測量の電気信号への変換(光ならびに音響センサ)
  • 5.2 電気信号のアナログ計測と処理
  • 5.3 電気信号のディジタル計測と処理
  • 5.4 計測システムと信号の流れ
  • 第6章 計測値の信頼性とデータの取り扱い
  • 6.1 計測の不確かさ
  • 6.2 不確かさの合成
  • 6.3 最小2 乗法の考え方
  • 6.4 トレーサビリティ
  • 付録
  • 電磁波の量子エネルギー換算図/ SI 基本単位の定義/ SI 基本単位を使って表さ
  • れるSI 組立単位/固有の名称とその独自の記号で表されるSI 組立単位/主要基
  • 礎定数/ SI 接頭語/数を表す接頭語/ギリシャ文字/元素の周期表(長周期)

製品情報

製品名 はじめての計測工学 改訂第2版
著者名 著:南 茂夫 著:木村 一郎 著:荒木 勉
発売日 2012年11月29日
価格 定価 : 本体2,600円(税別)
ISBN 978-4-06-156511-1
判型 A5
ページ数 288ページ

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス
  • ローチケHMV