生態学からみた里やまの自然と保護

講談社サイエンティフィク
セイタイガクカラミタサトヤマノシゼントホゴ
生態学からみた里やまの自然と保護
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

里やまの豊かなみどりと自然環境をまもる!
人の生活に密着していた里やま、あまり身近だったために注目されていなかった里やま。いかに保護して未来へひきつぐかを現状のデータを基に事例を紹介して解説。

目次

  • 1章 「里やま」とは―里やま自然の成り立ちと生態学的な価値―
  • 2章 生物多様性からみた里やま自然
  • 3章 里やま自然を持続的に利用してきた知恵と技術
  • 4章 里やま自然の変貌と保全上の課題
  • 5章 市民による里やま保全の活動

製品情報

製品名 生態学からみた里やまの自然と保護
著者名 監:石井実 編集:日本自然保護協会
発売日 2005年04月01日
価格 定価 : 本体3,800円(税別)
ISBN 978-4-06-155219-7
判型 A5
ページ数 260ページ