ゲーム的リアリズムの誕生 動物化するポストモダン2

講談社現代新書
ゲームテキリアリズムノタンジョウドウブツカスルポストモダン
著:東浩紀
  • 電子あり
ゲーム的リアリズムの誕生 動物化するポストモダン2
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

前著より5年半! 物語の行方がここにある!!

話題を呼んだ前作『動物化するポストモダン』より5年半の待望の続編です。本書では、前作の問題意識(オタクの消費行動を分析することで現代社会を読み解く)を引き継ぎつつ、さらに「涼宮ハルヒ」シリーズなどのライトノベル、「ひぐらしのなく頃に」などのゲーム、舞城王太郎の小説などを読解することを通じて、日本の物語(文学)の行方について解いていきます。明治以降の「自然主義的リアリズム」、大塚英志の「まんが・アニメ的リアリズム」に対して「ゲーム的リアリズム」とは何か? まさに文芸批評の枠を超えた快著です。

目次

  • 序章
  •  ポストモダンとオタク/ポストモダンと物語/
  •  ポストモダンの世界をどう生きるか
  • 第1章 理論
  •  A.社会学
  •    ライトノベル/キャラクター1/ポストモダン/
  •    まんが・アニメ的リアリズム/想像力の環境/二環境化
  •  B.文学1
  •    現実/私小説/まんが記号説/半透明性/文学性
  •  C.メディア
  •    「ゲームのような小説」/ゲーム/キャラクター2/
  •    「マンガのおばけ」/ゲーム的リアリズム1/コミュニケーション
  • 第2章 作品論
  •  A.キャラクター小説
  •    環境分析/『All You Need Is Kill』/ゲーム的リアリズム2/
  •    死の表現/構造的主題
  •  B.美少女ゲーム
  •    美少女ゲーム/小説のようなゲーム/『ONE』/
  •    メタ美少女ゲーム/『Ever17』/『ひぐらしのなく頃に』/
  •    感情のメタ物語的な詐術
  •  C.文学2
  •    『九十九十九』/「メタミステリ」/プレイヤー視点の文学/
  •    世界を肯定すること
  • <付録A>不純さに憑かれたミステリ――清涼院流水について
  • <付録B>萌えの手前、不能性に止まること――『AIR』について

製品情報

製品名 ゲーム的リアリズムの誕生 動物化するポストモダン2
著者名 著:東浩紀
発売日 2007年03月15日
価格 定価 : 本体800円(税別)
ISBN 978-4-06-149883-9
判型 新書
ページ数 352ページ
電子版製品名 ゲーム的リアリズムの誕生 動物化するポストモダン2
シリーズ 講談社現代新書

オンライン書店で見る