老いるということ

講談社現代新書
オイルトイウコト
老いるということ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

老いとは生き続けること それは若い人の宿題でもある

これまでにない長い老後を生きる時代が到来した現代、人は老いとどのように向き合えばいいのか。さりげない表現の中に現代日本人の老いを描く幸田文。老いの悲惨な側面から目を逸らさず生きた耕治人。島崎藤村が綴る老後の豊富さと老いることの難しさ。伊藤整が光を当てた老いの欲望と快楽。伊藤信吉が記す90代の老年詩集……。文学作品・映画・演劇に描かれたさまざまな老いの形をとおして、現代に生きる者にとっての<老い>の意味と可能性を追究する。

目次

  • 第1章 老いの長さ・老いる場所
  • 第2章 古代ローマの老い
  •     ――キケロー『老年について』をめぐって
  • 第3章 20世紀イギリスの老い
  •     ――E・M・フォースター「老年について」の発想
  • 第4章 老いの伝承
  •     ――深沢七郎「楢山節考」の伝えるもの
  • 第5章 老いと時間
  •     ――「ドライビング・ミス・デイジー」の場合
  • 第6章 老いの年齢
  •     ――マルコム・カウリー『八十路から眺めれば』の示唆
  • 第7章 老いの形
  •     ――幸田文の随筆から
  • 第8章 老いの現在・老いの過去
  •     ――映画「八月の鯨」の表現するもの
  • 第9章 老いと病
  •     ――耕治人の晩年の3作より
  • 第10章 老いの完了形と老いの進行形
  •      ――芥川龍之介「老年」、太宰治『晩年』の視点
  • 第11章 老いる意志
  •      ――島崎藤村の短文から
  • 第12章 老いと性
  •      ――伊藤整『変容』の問題提起
  • 第13章 老いの温もり
  •      ――萩原朔太郎のエッセイと伊藤信吉の老年詩集から
  • 第14章 老いのまとめ

製品情報

製品名 老いるということ
著者名 著:黒井千次
発売日 2006年11月16日
価格 定価 : 本体800円(税別)
ISBN 978-4-06-149865-5
判型 新書
ページ数 220ページ
シリーズ 講談社現代新書

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • エルパカBOOKS
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス