スピノザの世界

講談社現代新書
スピノザノセカイカミアルイハシゼン
  • 電子あり
スピノザの世界
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

神は制作者ではない。神にも人間にも自由な意志は存在しない。
すべての事物を必然ととらえたスピノザ哲学の魅力!

スピノザの思想史的評価については多くのことが言われてきた。デカルト主義との関係、ユダヤ的伝統との関係。国家論におけるホッブズとの関係。初期啓蒙主義におけるスピノザの位置。ドイツ観念論とスピノザ。現代では、アルチュセール、ドゥルーズ、ネグリ、レヴィナスといった名前がスピノザの名とともに語られる。スピノザはいたるところにいる。が、すべては微妙だ。たしかにスピノザについてはたくさん言うべきことがある。そのためにはスピノザの知的背景と時代背景、後代への影響、現代のスピノザ受容の状況を勉強する必要がある。けれども、まずはスピノザ自身の言っていることを知らなければどうしようもない。そのためには、スピノザがどこまで行ったのか、彼の世界を果てまで歩いてみるほかない。彼が望んだようにミニマリズムに与し、彼の理解したように事物の愛を学ぶほかないのである。――<本書より>

目次

  • 1.企て
  • 2.真理
  • 3.神あるいは自然
  • 4.人間
  • 5.倫理
  • 6.永遠

製品情報

製品名 スピノザの世界
著者名 著:上野 修
発売日 2005年04月18日
価格 定価 : 本体760円(税別)
ISBN 978-4-06-149783-2
判型 新書
ページ数 208ページ
電子版製品名 スピノザの世界
シリーズ 講談社現代新書

オンライン書店で見る