くもの糸・杜子春 (新装版) 芥川龍之介短編集

青い鳥文庫
クモノイトトシシュンシンソウバンアクタガワリュウノスケタンペンシュウアクタガワリュウノスケタンペンシュウ
  • 電子あり
くもの糸・杜子春 (新装版) 芥川龍之介短編集
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「くもの糸」
大どろぼうのカンダタは、死後、地獄で苦しんでいた。
お釈迦様は、昔、カンダタがくもを助けたのを思い出し、極楽からくもの糸をたらした。
それにすがって、カンダタは極楽をめざしてのぼっていくが……!?

「杜子春(とししゅん)」
仙人のおしえで、一夜にして二度までも大金持ちになった杜子春は、世の中のむなしさから、仙人になろうとするが?

有名な2話を含む、芥川龍之介の名作短編11編を収録!

<日本の名作 小学上級から すべての漢字にふりがなつき>

目次

  •   もくじ
  • くもの糸・・・5
  • 杜子春・・・15
  • 魔術・・・43
  • 仙人・・・65
  • たばこと悪魔・・・76
  • 白・・・95
  • 雛・・・118
  • トロッコ・・・149
  • 龍・・・163
  • 鼻・・・188
  • 三つの宝・・・205
  •  解説 保永貞夫・・・229

製品情報

製品名 くもの糸・杜子春 (新装版) 芥川龍之介短編集
著者名 著:芥川 龍之介 絵:百瀬 義行
発売日 2007年11月29日
価格 定価 : 本体570円(税別)
ISBN 978-4-06-148798-7
判型 新書
ページ数 224ページ
電子版製品名 くもの糸・杜子春 (新装版) 芥川龍之介短編集
シリーズ 講談社青い鳥文庫

著者紹介

著:芥川 龍之介(アクタガワ リュウノスケ)

小説家(1892-1927)。東京帝国大学文科大学英文学科在学中より『新思潮』に柳川隆之介のペンネームで作品を発表。夏目漱石門下生となり、大学卒業の年に発表した『鼻』の成功によって、新進作家の地位を確立。『羅生門』『芋粥』『蜘蛛の糸』『犬と笛』『アグニの神』『神々の微笑』『藪の中』など数多くの傑作を残した。

絵:百瀬 義行(モモセ ヨシユキ)

1953年東京生まれ。アニメーター。スタジオジブリ作品『おもひでぽろぽろ』(1991)、『平成狸合戦ぽんぽこ』(1994)で絵コンテを、『ホーホケキョとなりの山田くん』(1999)では演出、『ギブリーズepisode2』(2002)では監督をつとめた。

オンライン書店で見る