この子だれの子

青い鳥文庫
コノコダレノコ
この子だれの子
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

お待たせ!ミステリーの女王 宮部みゆき 青い鳥文庫 第3弾!
はらはらドキドキしたあと、もれなく幸せな気持ちになれる、そんな4つの短編です。

激しい雷雨の夜、留守番をするぼくの前にあらわれた女性は赤ん坊を抱いていた。葉月ちゃんというその赤ちゃんはぼくの妹だという。このぼくに兄弟がいる可能性はあるのだろうか……?表題作「この子だれの子」ほか、全4編を収録。あっと驚くどんでんがえしに、ちょっぴりしんみり優しいラスト。宮部ワールド炸裂の短編集で幸せな気分に!
――『我らが隣人の犯罪』(文春文庫)改題――


製品情報

製品名 この子だれの子
著者名 著:宮部 みゆき 絵:千野 えなが
発売日 2006年10月14日
価格 定価 : 本体620円(税別)
ISBN 978-4-06-148739-0
判型 新書
ページ数 224ページ
シリーズ 講談社青い鳥文庫
初出 1993年1月に文藝春秋より刊行された『我らが隣人の犯罪』(文春文庫)から4編を収録し、むずかしい漢字をひらがなにして全体にルビをふり、イラストを新たにつけたもの。

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス
  • ローチケHMV