文学の読み方

星海社新書
ブンガクノヨミカタ
文学の読み方
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

''錯覚,,と苦闘する、日本近代文学の一〇〇年史
いったい、日本の文学とは何なのでしょう? 本書の出発点は、そんな素朴な疑問にあります。明治以来一〇〇年以上に及ぶ歴史がありながら、具体的で納得できる「文学」の定義はどこを探しても見つかりませんし、権威ある文学賞の授賞基準もいまだに一定しないようです。なぜ、日本の文学はこんなふうになってしまったのでしょう? 実は、その原因は「文学は現実を描ける」「文学は人間を描ける」といった、いくつもの“錯覚”にあるのです。本書では、それらの錯覚がどのように生まれたのか、各時代の史料から確認しつつ、日本近代文学史を記述していきます。さあ、ともに教科書では語られない、秘められた文学史をさぐる旅に出ましょう!

目次

  • 序 章 そもそも何が文学なのか?
  • 第一章 1979年の村上春樹
  • 第二章 文学は人の心を描けない
  • 第三章 メディアが作家と文学を作る
  • 第四章 文学のジャンル化
  • 第五章 純文学など存在しない
  • 第六章 文学史が作られていく
  • 第七章 錯覚は露見する
  • 第八章 文学とは錯覚にすぎない
  • 終 章 ある錯覚の未来について
  • あとがき

製品情報

製品名 文学の読み方
著者名 著:さやわか
発売日 2016年09月22日
価格 定価 : 本体880円(税別)
ISBN 978-4-06-138600-6
判型 新書
ページ数 256ページ
シリーズ 星海社新書

著者紹介

著:さやわか(サヤワカ)

ライター、評論家
1974年北海道生まれ。大学卒業後、音楽業界・出版業界での会社勤務を経て執筆活動に入り、ライターとして『クイック・ジャパン』『ユリイカ』『朝日新聞』、『ジセダイ』などを舞台に、ゼロ年代以降のカルチャーの変容を肌身で感じながら幅広い分野について評論を行う。初の単著『僕たちのゲーム史』(星海社新書)では、独自の文脈でコンピューターゲームの30年史を提示し絶賛を浴びた。他の著作に『一〇年代文化論』、『僕たちとアイドルの時代』(いずれも星海社新書)、『キャラの思考法』(青土社)などがある。ツイッターは@someru

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス
  • ローチケHMV